辞めるか悩んでいる美容師アシスタントの【辞めたい理由10選】

美容師 辞めたい理由

こんにちは!コウキです。

今回は、少し前回のお話の続きになります。

 

前回、美容師アシスタントで

『辞めたい』

と迷っているのであれば、まずは『辞めたい理由を考えてみよう』とお伝えしました。

【もう辞めたい…】美容師アシスタントのモチベーションの上げ方

 

そこで今回は

『辞めたい理由の具体例』を10コ、お話していこうと思います。

 

そしてさらに、各パターンの解決策もご紹介していきますね!

またまた【美容師アシスタント向け】の記事になります。

 

それでは早速見ていきましょう。

美容師アシスタントの辞めたい理由10選

離職率の高い美容師アシスタントでも

【辞める理由】というのは様々です。

主に10コくらいあります。

 

・給料が安い、待遇が悪い

・練習が辛い、休みがない

・周りはまだ遊んでいるのに、自分だけ必死になって働いている

・接客が辛い

・人間関係が悪い

・憧れる先輩がいない

・他店の方が魅力を感じる

・他の仕事に興味を持った

・将来に不安を感じるようになった

・やりがいが見つからない、なくなった

 

以上の10コです。

では1つずつベストな解決策を見ていきましょう。

 

前回の【モチベーションの上げ方】の記事と合わせて見て下さい。

【もう辞めたい…】美容師アシスタントのモチベーションの上げ方

 

給料が安い、待遇が悪い

これを、アシスタントの内に第一に考えているのであれば

他店にいっても変わらないと思います。

他の職に転職した方が良い可能性があります。

 

スタイリストになったからと言って

『給料が大幅に上がる!』

『すぐに待遇が良くなる!』

というコトは絶対にないからです。

スタイリストになってからの【給料】や【待遇】に関してはコチラで詳しくお話しています。

【年収の悩み】美容師スタイリストの給料は…?低すぎてヤバイ…。

美容師の指名料は、どのくらいお給料に反映されているの?【歩合】

美容師の離職率が異常に高い理由! 一体なぜ辞めてくの…?

 

 

練習が辛い、休みがない

練習に関しては、スタイリストになれば自分のペースで練習できますし

アシスタント程の練習時間は必要なくなります。

頑張ってスタイリストになれば、その分の時間はプライベートな時間に当てれるハズです。

 

…が、結局、後輩の練習を指導したりするので

そこそこの時間は取られます。

 

そして【休日】に関しては…

アシスタントもスタイリストも変わらないですね。

【休日日数】が増えるわけではありません。

なので、スタイリストなってからも【休日日数】を気にし、美容師自体を辞める人も多いです。

【実際の休日日数は】美容師って休みが少なそう…。連休・有給なし?

美容師の休日の過ごし方は?撮影や講習で休み返上なの?~前編~

 

 

周りはまだ遊んでいるのに、自分だけ必死になって働いている

これは美容師アシスタント1年目、2年目に多いですね。

美容学校を2年間行って、卒業して、働き始める頃

ちょうど周りの大学生は3年生です。

 

まだまだ、旅行したリ遊んだりと楽しそうですね。

そんな中、あなたは必死に、朝早くから終電付近まで仕事しているのです。

『周りの誘いも断らなくちゃいけない』

『そうして、だんだん呼ばれなくなる…』

これに耐え切れず

『辞めたい』

と思う人もいます。

 

しかし、この場合は2年くらい耐えれば

周りも同じ状況になります。

少し辛抱すれば解決すると思いますよ!

 

接客が辛い

この問題も、意外と多いようです。

どうしても接客が苦手で、いつまで経っても上手にならない…

辛い…

緊張する…

しかし、これも実践あるのみです。

 

接客は、技術と違って、簡単に練習できません。

ですが、美容師をしている以上は、接客から逃れられません。

どうしても『辛い』場合は

美容師を辞めるコトも考えていいかもしれません。

 

人間関係が悪い

お店のスタッフと仲が悪い…

どうしても馴染めない…

このような場合は、お店を変えてもいいと思います。

お店を変えて心機一転!

新しいお店でリフレッシュして頑張ればいいだけです。

無理に馴染む必要はありません。

それで【美容師自体が嫌】になってしまったら、元も子もありません。

 

憧れる先輩がいない

これは、なかなか難しい問題です。

色々と思う事はありますが

あなたがそう思うなら、少しでも『いいな』と思うスタイリストがいるお店に移るべきです。

『他店の事はわからない』

なら、サロン見学にガンガンいき

少しでも、今よりも良い先輩のいそうなところへ行きましょう。

ただこの時点では、さすがにスタイリストの裏の顔まではわかりませんが

今現状に、憧れる先輩がいないのだから

可能性を持ってお店を変えた方がいいです。

 

他店の方が魅力を感じる

他の美容師の話を聞いていて、他店の方が魅力を感じた場合

すぐそのお店に移る事をオススメします。

 

距離などの事もありますが、少しでも自分が魅力を感じるところに行った方が、毎日が充実します。

距離などの関係で、同じところへ入れない場合

似たような魅力のある他のお店を探しましょう。

こちらもガンガン、サロン見学に行くコトがオススメです。

 

 

他の仕事に興味を持った

それならもう転職ですね。

まだまだ20代で若いようでしたら、色々と経験をした方がいいです。

迷わず飛び込んでみるのも手です。

『あの時こうしていれば良かった…』

と思わないように、どんどんチャレンジした方がいいです。

 

30代になると、本当に好き勝手できませんからね。

もっと考えが慎重になってきます。

 

 

将来に不安を感じるようになった

これは、どのような不安か?

にもよります。

 

給料?休日?待遇?

それとも一生続く仕事か?

 

アシスタントのうちに、このような考えがあるというのは素晴らしい事ですが

一旦そのことは置いておいて、スタイリストになるのも手です。

 

スタイリストになったら考えが変わるかもしれませんし

そこから転職しても遅くはありません。

 

もし本当に、今の段階で不安に思うようでしたら

転職サイトを覗いて、自分の不安を取り除いてくれそうな職業に就いた方がいいですね。

 

 

やりがいが見つからない、なくなった

【やりがい】も難しいですよね。

とりあえず、モチベーションを上げてみましょう。

【もう辞めたい…】美容師アシスタントのモチベーションの上げ方

 

それと、どのような事に興味があるのか?

しっかりともう一度考えてみましょう。

美容師がよく言う『やりがい』って一体何なの?どんな時に感じるの?

 

美容師としての【やりがい】が見つからないようであれば

転職をした方がいいです。

美容師はハッキリ言って、好きでないと辛いので

無理してやるもんじゃないです。

この先、絶対に続きませんからね。

 

まとめ

・まずは、辞めたい理由をしっかりと考えてみる

・『美容師が好きだし…でも辛い…』というようであれば、
一旦モチベーションを上げてから、考えてみる

・お店を変えて心機一転、新しいお店でモチベーションを上げるのも良い

・『美容師自体が嫌…』というようであれば、きちんと
なぜ嫌なのか?の理由も考えてから転職

・20代のうちは転職や離職などを恐れないで、
やりたいコトや興味のあるコトにどんどんチャレンジしてみた方がいい

 

という事です。

『やらない後悔より、やって後悔』

これを肝に銘じておいて下さい。

 

『やらない後悔』というのは、後からズシズシと自分にのしかかってきます。

1度冷静になってよく考えてみて、そこから最善を尽くしましょう!

 

きっと『やらない後悔』よりはマシなハズですよ!

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

 

次の記事はこちらです

美容室で担当者が空いてない時、他の人を指名するのはアリ?ナシ?