美容師からしたら、お客さんは【異性】と【同性】どっちがいい?

美容師は異性と同性の客どっちがいい?

こんにちは!コウキです。

今回は『美容師からしたら、お客さんは【異性】と【同性】どっちがいいの?』という事についてお話していきます。

 

こちらは、ご相談頂いた内容になります。

非常にシンプルなご質問ですね。

ですが、意外と気になる方もいるはず。

 

男女問わず、施術をする美容師ですが

その中でも

『男性が良い』『女性の方がいい』

などと、接客するお客さんの性別を気にする人はいるのか?

 

また、美容師自身の性別によっても変わってくるのか?

今回は、そんな疑問についてお答えしていきますね!

 

それでは早速見ていきましょう。

男性か女性か…お客さんの性別での好みはある?

まず、結論です。

これは当然、その美容師にもよりますが

『男性(女性)の方がいいかも』

と思っている美容師もいます。

 

つまり、好みがある美容師もいる…

という事です。

 

まぁ、6~7割くらいの美容師は

『気にしていない』と思いますので、一部だと思いますが…

(僕も気にしていないです)

 

この『気にする』にも、様々な理由があります。

 

・お店のコンセプト的に、男性(女性)のお客さんを増やしたい

・可愛い子を担当したい

・美容室って言ったら、女性のお客さんでしょ

・そもそも、どちらかの性別しかカットできない

 

これら4つの理由があります。

では、1つずつ簡単に見ていきます。

 

お店のコンセプト的に、男性(女性)のお客さんを増やしたい

これは主に、

美容室のオーナー/代表/店長が考えることですね。

 

『お店の雰囲気的に、女性のお客さんを増やしたい』

『男性特化のサロンにしたい』

 

希望する性別のお客さんを、受け付けていないわけじゃないんだけど

『できたら、こっちの性別を増やしたい』

と、考えるお店もありますね。

 

可愛い子を担当したい

これは、本当にダメな考えだと思いますが

『可愛い子を担当したい』

という男性スタイリストもいます。

(女性でも、たま~にいます)

 

割合としては、10人以上スタッフがいる大型店に

1~2人くらいは、このような考えの人がいる…

という感じです。

 

この考えは、個人的には大反対なので

僕の嫌いな考え方なのですが

残念ながら、そういった人もいます。

 

美容室って言ったら、女性のお客さんでしょ

これは、年齢が上の美容師に多いイメージですね。

 

感覚としては、40代半ば以上くらいの美容師に

このような考えを持っている美容師がいます。

 

『男性は断る』『できない』

わけではないのですが、

 

『できたら女性客を増やしたい』

『男性客ばっかり施術していたら、女性がお店に入りにくくなってしまう』

と、考える美容師もいますね。

 

そもそも、どちらかの性別しかカットできない

そもそも、どちらかの性別しか施術できない美容師も多いです。

若手スタイリストに増えてきてますね。

 

『男性限定』

『新規の男性はお断り』

『女性のみ受付』

『女性はできません』

 

など、色々な文言で

どちらか一方の施術しかできない美容師も、最近は多いです。

 

美容師の性別も関係しているのか?

上記でお話した内容は

特に、男性美容師/女性美容師は関係ありません。

 

しかし、

なんとなく最近の傾向としては

『同性のみ受付』

している美容師が多い気がしますね。

 

つまり

『男性美容師は、男性のお客さんのみ』

『女性美容師は、女性のお客さんのみ』

 

というように、完全に分けている美容師が増えている印象です。

 

これは、お店のコンセプトで、そのようにしている場合もありますが

完全にその美容師の好みで、限定している場合もあります。

 

例えば

『自分が女性だから、男性は施術したくない』

『男性だから、女性は緊張する』

 

などの理由ですね。

 

このようなスタイリストも

残念ながら存在します。

 

…とはいえ、全くにしない美容師の方が多い

上記の通り

色々と考えがある美容師もいますが

 

全然気にしない美容師の方が多いです。

 

むしろ

『そんなの気にする美容師なんて話にならない』

と考えている人もいます。

 

『同性の方が話やすい』

『異性は、ちょっと緊張する』

くらいはありかもしれませんが

それが、【好み】には繋がりません。

 

それが、よっぽど思い悩むほどであれば

【○○(性別)限定】と、すると思います。

 

スタイルの得意・不得意の意識があったとしても

『不得意だから、こっちの性別にたくさん入客して、早く上手くなりたい!』

と思う、向上心の高い美容師だっていますしね。

 

まとめ

・一部だが、性別の好みがある美容師もいる

・『こういったサロンにしていきたい』などのコンセプトの理由もある

・とはいえ、全く気にしない美容師の方が多い

 

という事になります。

 

お店のコンセプトに関しては

性別だけでなく、年齢の絞って考える美容室もありますね。

 

『若い子向け』

『大人向け』

価格や、雰囲気、接客の仕方など

やはり年齢によって違いますからね。

 

性別&年齢の【ターゲット層】を絞って考えるのも、大事だと思いますが

大半の美容室は、そこまで気にしていません。

 

あなた(お客さん)だって、あまりに自分と雰囲気が違っていたら

選ばないですもんね。

 

…少し話は逸れましたが、性別に関しては、

『気にする美容師は一部いるが

大半の美容師は気にしない』

という事でした。

 

今回の内容の関連記事はこちらです

【意外と気になる】『歴10年』って記載している美容師の年齢は?

【年齢不詳】美容師はなぜ若く見えるのか?ちゃんと理由があります。

【超本音】美容師とお客さんの恋愛はアリ?多いですハイ。

『美容師と仲良くなりたい』そんな時どうすればいい?何か方法はある?

【新規】美容師は、初めてのお客さんを担当する時って緊張する?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

美容室で咳(せき)をしてたら迷惑?酷い場合はキャンセルした方がいい?