温泉には、絶対に自分のシャンプー・トリートメントを持っていくべき!

温泉には自分のシャンプーを

こんにちは!コウキです。

今回は『温泉には、絶対に自分のシャンプー・トリートメントを持っていくべき!』という事についてお話していきます。

 

あなたは、温泉や旅行に行く際

普段から、自分で使っている【シャンプー】【トリートメント】を持っていっていますか?

それとも、その施設に常備されているものを使っていますか?

 

実は、これにより、髪のダメージが変わってきます。

どういう事なのか?

早速見ていきましょう。

温泉や旅行には、普段のシャンプー・トリートメントを持っていくべき?

タイトルが、そのまま答えになっているのですが

温泉や旅行には、

自分の普段から使っているシャンプー・トリートメントを持っていくべき!

です。

 

この理由は、ヘアケアが関わってきます。

誰しもが、施設のシャンプー・トリートメントを使ったことはありますよね?

その際、次の日から

結構、髪が痛んだ気がしませんか?

 

実際、痛んでいるんです。

その原因というのが

施設に常備されているシャンプー・トリートメントです。

 

場合によっては【リンスインシャンプー】の場合もありますね。

リンスインシャンプーは論外です。

 

リンスでもトリートメントでもありません。

 

では、なぜ施設のシャンプー・トリートメントが痛みの原因になるのか?

見ていきましょう。

 

温泉施設のシャンプー・トリートメントは、なぜ痛む?

施設のシャンプー・トリートメントが、髪のダメージの原因になる理由は…

 

・安価

・薄まっている可能性がある

 

この2点が原因です。

では1つずつ見ていきます。

 

安価

まずは、

安価なものが多い

というのが原因ですね。

 

やはり、お客さんによって使用量が違います。

無駄に使われることを想定して

安価なものを置いている可能性が高いです。

 

安価なものであれば、やはり成分的に見ても

あまり良い成分は使われていません。

 

『1~2回くらいで痛むのか?』

痛むんです。

1回でも、痛んだ気がしてしまいます。

翌日から、

『なんか髪が痛んだ気がする』

というのは、実際に痛んでしまったのです。

 

シャンプーにしろ、トリートメントにしろ

安価なものが使われている可能性が高いのです。

…そもそも、トリートメントではなく

『リンス』

よくても

『コンディショナー』

ですかね。

トリートメントという表記ではないと思います。

 

薄まっている可能性がある

他のお客さんがボトルに水を入れる…

なんて事は、ないと信じたいですが

実際、ボトルに水が入ってしまい

薄まってしまう場合もあります。

 

シャンプーやリンスなどを薄めるのは良くありません。

これでは、髪の摩擦から守れなくなるので

シャンプーをする毎に痛んでいきます。

 

これは、施設でのシャンプー以外にも

普段からしてはいけないので、注意して下さい。

 

シャンプー剤などを、水で薄めるのではなく

しっかりと、髪の毛や頭皮を濡らして

薄めない原液のままのシャンプー剤を

よく泡立てて、優しく洗う。

 

これが基本で、1番大事なことなので

間違っても薄めたりしないで下さい。

 

詳しくは、こちらでお話しています。

なぜ毎日、髪(頭皮)を洗うのか?【正しい洗い方と間違った洗い方】

 

シャンプーは、毎日のことなので

これを改善するだけでも、日頃のダメージを防げます。

 

とはいえ、普段のシャンプー・トリートメントを持っていくのはメンドクサイ…

普段、使っているシャンプー・トリートメントを持っていくのは

メンドクサイですよね。

荷物になるし…

 

しかし、今後の髪のためを想って

しっかりと準備していきましょう。

 

トラベル用の、小さいなボトルに入れれば

そこまで荷物になりませんし

持ち運びも便利です。

1つ持っていれば、旅行や温泉のたびに使えるので

持っておくべきですよ!

 

 

 

無印良品からも、小分けシリーズが出ていますね。

 

なんでも良いと思うので

・シャンプー

・トリートメント

・アウトバストリートメント(オイル)

別で、1つずつ持っておくと便利です。

 

ちなみに

シャンプーは、ワンタッチキャップタイプ

トリートメントは、チューブタイプ

オイルは、ポンプタイプ

がオススメです。

 

まとめ

・温泉、旅行にも、普段あなたが使っているシャンプー・トリートメントを持っていくべき

・施設のシャンプーだと、安価で薄まっている可能性が高いので
1回でも使用すると痛む

・そのまま持っていくのは、荷物になるので
トラベル用の小分けボトルを持参すれば、荷物にならない

 

という事になります。

温泉や、旅行後

髪が痛んだ…

というのは、結構あるあるだと思うので

日頃きちんとヘアケアしている方ほど

必ず持っていくべきです。

 

これだけでも、温泉後の髪の状態が

わりと全然変わってくるので、面倒くさがらずに

持参してみて下さいね!

 

今回の内容の関連記事はこちらです

【ハイダメージの方必須!】絶対にするべきオススメの4STEPケア

髪の量が『多い人』『少ない人』どっちが良いの?どっちが大変?

【洗えるトリートメント】405クレコンが凄い!ヘア&スカルプケアを1つに

【大きな間違い】朝シャン派は、前日の夜にシャンプーしなくて良い?

【アウトバストリートメントの種類】相性と用途によりオススメが違う

【低温ドライヤー】ヒートケア60はクセ毛やダメージ毛にも効果的!

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

同じ美容室のスタイリストを、全員1回ずつ指名してみるのはアリ?