なぜ毎日、髪(頭皮)を洗うのか?【正しい洗い方と間違った洗い方】

毎日シャンプーする理由

こんにちは!コウキです。

今回は『なぜ毎日、髪(頭皮)を洗うのか?』という事についてお話していきます。

 

前回の『基本的な髪のケア』でお話した

【頭皮を洗う】

を、更に詳しく掘り下げていきたいと思います。

【意外とできてないヘアケア】たった3つの超簡単で基本的な髪のケア

 

洗うのは【髪】ではなく【頭皮】というお話をしていきましたね。

・間違った洗い方

・正しい洗い方

を、それぞれお話していきますね!

それでは早速見ていきましょう。

髪(頭皮)を洗うとは?

まず

【髪(頭皮)】

と書いているのは

根本的に洗うのは『髪』ではなく『頭皮』だからです。

 

髪の汚れは、泡立てたシャンプー剤や、その後のすすぎ等で十分に落ちます。

なので、

指で洗うのは『頭皮』です。

まずこれだけでも意識して下さい。

これが基本となります。

 

間違った洗い方とは?

あなたは、こんな洗い方をしていませんか?

・爪でゴシゴシ(ガリガリ)洗う

・十分に泡立っていないのに洗う

 

爪でゴシゴシ(ガリガリ)洗うのは

『頭皮』が痛みます。

 

十分に泡立っていないのに洗うのは

『髪』が痛みます。

 

こちらの2パターンは得にメリットはないので、デメリットをお伝えします。

 

爪でゴシゴシ(ガリガリ)洗う

・肌を傷つけてしまうので、頭皮の角質や油分を必要以上に取ってしまう。

・美容室でのカラー剤やパーマ液等の薬剤が染みやすくなってしまう。

・結果、常に頭が痒かったり、毎日ガリガリと洗う事が当たり前になってしまい、通常の優しく洗うシャンプーが物足りなくなってしまう。

 

十分に泡立っていないのに洗う

・なぜ泡立てるのかというと、

シャンプー時の髪同士の摩擦を軽減(クッションの役割)する為に泡立てるので、この泡立ちが不十分だと摩擦でどんどん髪が痛んでいく。

 

泡切れ(最初は泡立っていたが、途中で泡立ちがなくなってしまう事)にも注意しましょう。

シャンプー剤を追加して泡立てても良いくらいです。

 

では、正しい洗い方とは?

1,シャンプー前に十分に髪を濡らし。
(この時点で汚れを落とすイメージでしっかりとすすぎ)

 

2,1~2プッシュ程シャンプー剤を手に取りよく手のひらでなじませて

 

3,髪全体に付け、空気を入れながら根本付近にも付けていく。
(これはちょっと難しいかもしれないので、その場合は逆に根本付近から付けて髪全体に広げていく)

 

4,指の腹で優しく、下から上に向かって、頭頂部に向かって洗う。
このとき、軽くマッサージするように洗うだけで十分に汚れは落ちるし、頭皮の疲れもほぐれる。

 

5,ベタですが、すすぎは洗いの2倍くらいの時間をかけてしっかりとすすぐ。
これも頭皮を中心に。

 

6,トリートメントへ進む

 

という流れになります。

 

よく、泡立たないからといって、

最初に何プッシュもしてしまう方がいるのですが、

一番最初のすすぎの段階でしっかりとすすげていれば、1~2プッシュでも泡立つハズです。

なので、泡立ちにくいと感じるのであれば、最初のすすぎを意識してみましょう。

 

まとめ

・洗いもすすぎも【頭皮】を意識する

・よく泡立てて、『爪』ではなく『指の腹』で優しく洗う

・これでもか!というくらい、しっかりすすぐ

 

という事になります。

あとは、どんなシャンプー剤が良いのか…

は相性やその時のヘアスタイル、目的によって変わってきます。

 

例えば、下のオススメのシャンプーの場合

【サラサラ】

【しっとり】

それぞれの希望によって、同じメーカーなのに

使うシャンプーが違ってきます。

上が【しっとり】で

下が【サラサラ】タイプですね。

 

タイプ別で分けるオススメのシャンプーは

別記事でお話していきますね!

 

また、トリートメントの付け方にも注意点があるので、その詳しい内容等は次の記事をご覧下さい。

なぜ毎日トリートメントをするのか?【正しい付け方と1つの注意点】

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

今回の内容の関連記事はこちらです

髪を伸ばすシャンプーってあるの?【早く髪を伸ばしたいんだけど…】

温泉には、絶対に自分のシャンプー・トリートメントを持っていくべき!

【とりあえずコレ】現役美容師が個人的にオススメするシャンプー5選