【低温ドライヤー】ヒートケア60はクセ毛やダメージ毛にも効果的!

ヒートケア60低温ドライヤー

こんにちは!コウキです。

今回は、ヘアケア必需品アイテム【ドライヤー】のご紹介です!

 

ドライヤーはドライヤーでも、今回のは…

【低温ドライヤー】

です。

フツフツと注目されている低温ドライヤー。

色々なメーカーから出てきましたね。

 

こちらは【ヒートケア60低温ドライヤー】という名前で

テレビ番組や雑誌にも度々紹介されている商品です。



では、

このドライヤーはどんな魅力があるのか?

他のドライヤーと、どのように違うのか?

クセ毛やダメージ毛には?

メリット・デメリット、口コミのまとめとともに

お話させて下さい!

 

それでは早速見ていきましょう。

低温ドライヤーとは?通常のドライヤーとの違い

そもそも、低温ドライヤーとはどういう物なのか?

それは読んで字のごとく、

ドライヤーの熱の熱さが【低温】のドライヤーです。

 

そしてこの【ヒートケア60低温ドライヤー】は

おおよそ【60℃】の熱で、優しく、髪に負担なく乾かす事ができます。

 

しかし60℃と言われても、いまいちピンときませんね。

通常のドライヤーがおよそ90℃前後、髪に近づけたら100℃前後の熱が出ています。

 

実は普段、何気なく乾かしている通常のドライヤーで

【髪が痛む】事ってよくあるんです。

髪のヤケドが原因なのですね。

 

ドライヤーを肌に当て続けたら…

肌に近づけたら…

ヤケドしそうじゃないですか?

(実際ヤケドしますので、絶対に試さないで下さいね!)

 

そりゃ100℃近くも出ていたらヤケドします。

そんなものを髪に当て続けたら…

いくら髪が濡れているからと言っても

同然、髪だってヤケドします。

 

ただ、感覚がないので痛みを感じないだけです。

…つまり、いくらトリートメントをしても、美容室で綺麗にしてもらっても、

髪がどんどん痛んでくる…

というのは、ドライヤーが原因かもしれないんです。

 

そこに目をつけて開発されたのが、このヒートケア60低温ドライヤーなんですね。

普段90~100℃で乾かしているものを、60℃にする。

 

これだけでも低温というのがわかります。

しかも、ただ温度が低いわけではありません。

 

特徴を見てみましょう。

 

ヒートケア60低温ドライヤーの特徴

 

 

1つ凄い特徴があります。

通常のドライヤーは、風の中心が一番高温です。

 

風の中心は約120℃くらいの熱が出ていて、

その周り、風が離れていくにしたがって、熱さが弱くなっていきます。

まぁ当然といえば、当然ですね。

 

しかし、

このヒートケア60低温ドライヤーは

熱の中心も、ギリギリ風の当たる部分も

おおよそ60℃です。

つまり熱のムラがありません。

 

これにより、意外と難しいドライヤーの使い方

乾かしムラによる、

まだ濡れている部分と、乾かし過ぎた部分の差が出にくいんです。

ドライヤーの使い方が苦手な人や

意外とドライヤーの熱によるダメージが原因な方には

かなり相性が良いです。

 

しかし、気になる点。

低温だから、乾くのが遅いの?

という疑問が出てきますね。

 

では、その点についても見ていきましょう。

 

低温だから乾くのが遅い?

実はコレ…

そんな事全くないんです。

そしてむしろ…

乾くのが早くなります。

 

『えっ?』

って感じですよね?

これはどういう事か?

 

その秘密は、先程の

【熱が中心も外側も60℃】

というところにあります。

 

1点集中に乾かすのではなく、全体的に均一に乾いてくれる。

たったこれだけの事が、早く乾くヒミツなんですね。

 

そして、さらに

熱すぎたりで、ドライヤーを離したり…

冷風を入れる必要もありません。

乾かし過ぎる事もないので、無駄に乾かす時間も短縮できます。

もっと詳しくは公式サイトへ

 

ヒートケア60低温ドライヤーのメリットまとめ

メリットを一気に見ていきましょう。

 

・乾くのが早くなった、になった

・ドライヤー時の熱い思いをしなくて済むようになった

・乾かし過ぎる事がなくなり、髪にうるおいが出た

・普段はドライヤーが嫌で使わなかった(自然乾燥)が、これなら使えた

・髪のヤケドがなくなり、カラーの色持ちが良くなった

30日の返金保証がある

・きちんと使えば、髪がツヤツヤになる

 

という事ですね。

30日の返金保証があるのも安心ですね。

 

最後の【きちんと使えば】というのが引っ掛かると思います。

 

これについては、次のデメリットに繋がってきます。

 

ヒートケア60低温ドライヤーのデメリットまとめ

気になるデメリットも一気にみて見ていきます。

 

・必ず10㎝~15㎝くらい離して使う必要がある

1日で即実感…というのは、ないかも

・市販のドライヤーに比べたら、やや大きく重い

ネットでしか買えない

・偽物が多く出回っている!

 

という点がデメリットです。

まず、10㎝~15㎝離して乾かす事。

 

これはメーカーも絶対としていますし、僕もそう思います。

なぜなら、10㎝未満で乾かすと、

普通に熱い

からです。

 

この、60℃で全体に熱を均一分散の効果がなくなってしまいます。

それと、

市販のもに比べたら、やや大きく重く感じる方も多いかもしれません。

 

実際の重さは、正直あまり変わらないのですが、

大きさがそう思わせるのかもしれませんね。

で、ネットでしか買えない…

 

そして一番の注意点!

偽物が多く出回っているという事です。

 

見た目は似ていても、偽物だと当然、効果がないと思います。

Amazon、楽天、ヤフオク、フリマアプリ…

これらは公式ではありませんので、必ず購入の際は

公式サイトから買うようにして下さい。

⇒【ヒートケア60低温ドライヤー】公式サイトはコチラ

 

口コミで気になった超重要な注意点

【微妙な口コミ】で意外と多かったのが…

・熱い

と感じるという事です。

 

60℃なのに熱い…

これには、ドライヤーの距離が関係しています。

先程のデメリットでもお伝えしましたが

【10㎝~15㎝離して使用】

これが絶対条件です。

 

これより近づけると、確かに普通に熱いです。

なので、これを意識しておけば問題はないと思います。

 

続いて【良い口コミ】です。

 

・髪がツヤツヤになった

きちんと使えば、確実に実感すると思います。

ただし、1~2日で良くなるものではありません。

長期的に見る必要があります。

 

・クセ毛が落ちついた

これもきちんと乾かせば、必要な水分を残し、乾かし過ぎる事もないので、

結果、クセが落ちついてくれると思います。

もうちょっと詳しく見ていきます。

 

クセ毛やダメージ毛に効果的?

クセ毛やダメージ毛に効果的です。

これは、低温で優しく乾かすからです。

 

つまり、ドライヤーによるダメージがなくなります。

という事は、枝毛が収まります。

 

枝毛が収まるという事は、クセや広がりが出にくいです。

つまり、ダメージもクセも同時に抑える事ができます。

 

ダメージやクセ毛にお悩みの方にこそ、使って頂きたいドライヤーです。

 

ドライヤーの【ノズル】について

 

 

通常のドライヤーであれば

ノズル(取り外しのできるヘッドの部分)を、外しても付けても良いのですが

この低温ドライヤーの場合は、付けたままにして下さい!

要は、外さないで下さい。

 

このノズルが、熱の均一分散や、低温の仕組みをサポートしているので、

必ず付けたまま、使用しましょう。

 

料金は?どこで買えるの?

通常価格は24800円(税抜き)です。

他の低温ドライヤーに関しても、大体このくらいの相場になります。

しかし、こちらのヒートケア60低温ドライヤーに関しては

結構、キャンペーンなどもやっているので、

是非、チェックしてみて下さい。

 

そして、購入先ですが、先程のデメリットの部分でも触れましたが

ネットでしか買えません。

 

そして、偽物が多く出回っているので、必ず公式から買うようにして下さい。

 

膨大な偽物商品には、メーカーも頭を抱えているようです…

本当に要注意です。

【ヒートケア60低温ドライヤー】

 

最後に、ドライヤーの重要性について



どんなドライヤーも、使い方を間違えると必ず痛みます。

特に、

1点集中型の通常ドライヤーは、乾かし方が難しく

きちんと乾かせる方は非常に少ないです。

 

しかも、ドライヤーは毎日使う物。

正しい使い方をしないと、日に日に痛んでくるんです。

 

ドライヤーも、ただ単純に髪が濡れているから乾かす…

そんな道具ではなく

立派なヘアケアアイテムです。

 

1つ、良いものを持っていれば、買い替える必要もありませんし、

1日でも早く、良いものを持っていないと

その分【損】をする事になるかもしれません。

 

ドライヤーは、正しい知識を持って、きちんとしたアイテムで乾かして下さいね!

 

1日の終わりであるバスタイム後

ドライヤーのストレスから解放されて

気分の良い睡眠がとれると良いですね!

⇒公式サイトを見てみる