縮毛矯正をしてても、毎日アイロンしている人はいるのか?

縮毛矯正をしてても毎日アイロン

こんにちは!コウキです。

今回は『縮毛矯正をかけてても、毎日アイロンをする人はいるのか?』という事についてお話していきます。

 

縮毛矯正は、クセ毛の方にとっては救世主的存在の施術ですよね。

もう10年、20年以上続けている…

という方も多いはず。

朝だってすごく楽になりますね。

 

しかし、意外と縮毛矯正をかけていても

朝、ストレートアイロンかコテか、使用することはありませんか?

他にも、そのような方がいるのでしょうか?

そこで、今回は

縮毛矯正をかけてても、ストレートアイロンやコテを使用する人はいるのか?

髪のダメージなどの意味で、問題はないのか?

その辺りのお話をしていきますね!

 

それでは早速見ていきましょう。

縮毛矯正をかけてても、アイロンを使う?

実は、縮毛矯正をかけてても、

毎朝のようにアイロンを通す方もいます。

 

アイロンといっても、ストレートアイロンかコテか…

結構、分かれますね。

 

いずれの場合も、

『毛先だけ』

使う方が多いようですね。

 

縮毛矯正をかけていても

『なんとなく、毛先がツンツンしている』

『毛先だけはカールが欲しい』

という場合に、ストレートアイロンかコテかを使います。

 

または

『全体的に、もっとツヤが欲しい』

という方もいるので、そのような場合は

髪全体をサッとストレートアイロンを通す方もいます。

 

このような事から、縮毛矯正をかけてもいても

毎朝のように、アイロンを使用する方もいるのです。

 

実は、アイロンやコテを使用する人の方が多い?

先程、縮毛矯正をかけていても

毎朝のようにストレートアイロンやコテを使用する方もいる

と、お伝えしました。

 

もっというと、実は

このように縮毛矯正をかけていても【アイロンを通す方の方が多い】イメージです。

 

理由は、先程お伝えした通り

『毛先の雰囲気』だったり

『ツヤ感』だったり…

 

それと、

『前髪』に使用する方も多いですね。

前髪を少しクルンとカールさせたり

クセを消すように自然にしたり…

 

で、そのついでに結局

全体にサッと使用したり…

 

なので、今現在だと

縮毛矯正をかけていてもアイロンをする方がほとんどだと言えます。

 

しかし、

『それって縮毛矯正の意味があるの?』

『ダメージが出そう…』

という声が聞こえてきますね?

 

その点に関しても、見ていきましょう。

 

毎朝のアイロンは、縮毛矯正の意味があるのか?

『毎朝、結局アイロンをするなら、縮毛矯正をかける意味がなくない?』

と、思うかもしれません。

 

…が、それは間違いです。

縮毛矯正をかける意味はちゃんとあります。

 

それは、ベースの髪の状態が

『真っ直ぐか、真っ直ぐじゃないか?』

の違いが【大きい】からです。

 

髪のクセが強ければ強いだけ実感する事なのですが

『ベースの髪の状態がストレート』

の状態と

『全くのクセ毛』

の状態だと、当然

ストレートアイロンを使用する時間が全然変わってきます。

2倍の時間…なんてものではありません。

もっと変わってきます。

 

例えば、

縮毛矯正をかけている場合だと

2~3分で終わるスタイリングが

縮毛矯正をかけていないと

10分以上かかります。

 

それに、スタイリングの【モチ】も変わってきます。

これは、雨などの湿度が高い日の方が実感しますね。

 

ベースの髪の状態が、クセの場合

早ければ、午前中にとれてしまいます。

 

これらは、もちろん

あなたの髪質にもよりますが

基本的には、ベースの髪に縮毛矯正がかかっている方が

遥かに楽です。

 

ダメージが余計に出そう…

もう1点、気になるのが

『ダメージ』ですよね。

 

縮毛矯正をかけている上でアイロンを使用すると

さらにダメージが出そう…

 

この考えは、間違いではありません。

やはり、どんな場合でも

縮毛矯正をかけていようが、いまいが

アイロンを使用する時点で、若干のダメージは出ます。

 

ですが、自分で使用するアイロンの場合は

いくらでもケアができます。

 

・アイロンの温度を低温にする

・同じ箇所にアイロンを当て過ぎない

・質の良いアイロンを使う

・アイロンの滑りを気にする

・アイロンの熱から守る保護剤(トリートメント)を使用する

・アイロン使用後も、しっかりと保湿する

 

これらは、基本的なものですが

かなり重要になってきます。

 

できれば、これら全てを意識してもらいたいです。

逆にいうと

これら全て意識して実行すれば

縮毛矯正をかけた上で毎日、アイロンを通しても

ダメージがほぼ出ません。

 

要するに

髪の保護において

『トリートメント』と『アイロン』

が大事ですね。

 

おすすめのアイロンやトリートメントは、こちらでご紹介しています

【持っていて損はない】現役美容師オススメのストレートアイロン5選

【髪を巻く方必須】現役美容師オススメのコテ(カールアイロン)3選

【ハイダメージの方必須!】絶対にするべきオススメの4STEPケア

 

是非、試してみて下さい。

 

まとめ

・縮毛矯正をかけていても、毎朝のようにアイロンを通す方もいる
(むしろ、そのような方のほうが多い)

・理由としては、

『毛先の雰囲気を変えたい』

『ツヤが欲しい』

『前髪をカールさせるついでに、全体にも使用する』ため

・ベースの髪の状態が、ストレートかクセかで、スタイリングの【楽さ】や【モチ】が全然変わってくる

・ダメージは、やはり出るが、これは髪のケアと、質の良いアイロンを使用することで改善される

 

という事になります。

今現在は、縮毛矯正をかけていても

アイロンを使用する方のほうが多いのですね。

 

根本に縮毛矯正をかけて、

毛先にデジタルパーマ

という方も多いですが、そのような場合でも

前髪くらいには、自分でアイロンを使用する方が多いです。

 

なんにせよ、しっかりとしたケアが必要ですよ!

 

今回の内容の関連記事はこちらです

【縮毛矯正】と【毎日自分でアイロン】は、どっちが楽で痛まないの?

縮毛矯正とストレートパーマの違い!比較!メリット・デメリットは?

美容室でパーマをかけて、毎日コテで巻く…は、意味があるのか?

【絶対!早めに使うべき】美容師オススメ!最強のヘアドライヤー5選

【とりあえずコレ】現役美容師が個人的にオススメするシャンプー5選

【洗えるトリートメント】405クレコンが凄い!ヘア&スカルプケアを1つに

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

一度、美容師を離れて復帰…。やっぱりブランクは気になる?不安?