梅雨時期の髪の広がりには【縮毛矯正】【ストパー】がオススメ!

梅雨時期の髪の広がり 縮毛矯正 ストレート

こんにちは!コウキです。

今回は『梅雨時期の髪の広がり』についてお話していきます。

 

大多数の方が

【梅雨時期】の髪の広がりやうねり、

まとまらない事にストレスを感じています。

 

そして意外と、梅雨時期というのは1ヵ月近くあり長いです。

1日でもストレスなのに、

そんな状態が1ヵ月近く続く…

非常に嫌な気分ですよね。

 

今回は、そんな梅雨時期の髪の対策についてお話していきますね!

それでは早速見ていきましょう。

梅雨時期はなぜ髪が広がるのか?

サクッと説明します。

梅雨時期というのは、雨の日が多く、湿度も高くなります。

 

空気中の水分が多くなり、

髪の毛(特にダメージを受けている部分)の内部に水分が入り込んでしまい、

水分によって内部の結合が切れ、ちょっと結合がズレてしまいます。

それが、

そのまま【うねり】となり、

積み重なって【広がり】となってしまうのです。

 

ちなみに雨による湿度や水分もそうですが

【汗】も原因になります。

 

世に出回ってる間違った情報

色々と、梅雨時期の髪の対策に関しての情報が出回っていますが、

結構、間違っている情報が多いです。

 

よく言われるのが

・クシ等で、よくブラッシング(髪をとかす)する

・水をつける

・髪の量を普段より多く梳く

 

という3つの情報をよく見かけたり、聞いたりしますが

 

これらは全部間違っています。

簡単に1つずつ見ていきます。

 

クシ等で、よくブラッシング(髪をとかす)する

これは、クシでとかして水分のムラをなくすという意味だと思いますが、

濡れた状態での過度なブラッシングはダメージに繋がります。

ダメージを受けるという事は、より広がりやすくなります。

 

しかも、

水分量を整えたからと言って、うねりは防げません。

湿っている状態では、落ち着いた気がすると思いますが、

乾いてきたら、どんどん膨らんできます。

 

こうなってしまったら、出先などでほぼ無理だと思いますが、

ドライヤーで乾かすしか方法はないです。

 

水をつける

これも、逆に水をつけて水分感をコントロールする…

という事だと思いますが、先程の理由と同じです。

 

その後にドライヤーで乾かせなければ意味がありません。

むしろ逆効果なので、

絶対にダメです。

 

髪の量を普段より多く梳く

これも絶対にダメです。

髪の量を減らしておけば、うねりの積み重ねも防げる…

という事ですが、全くそんな事はありません。

 

髪の毛の重みをなくしてしまったら、1本1本のうねりが余計に悪化し

結果、広がりが強くなります。

 

特に梅雨時期は絶対にダメです。

(梳き方…というか、もっと専門的に言うと【間引き方】が上手い美容師は、上手に髪の量を減らします)

 

なので、上記のこの3つは、気を付けて下さい。

 

やっぱりオススメなのが…

タイトルにもありますし、ご存知の方も多いかとは思いますが、

やっぱり【縮毛矯正】【ストレートパーマ】がオススメです。

 

『真っ直ぐになり過ぎるのが嫌だ…』

『ぺしゃんとなるのが嫌だ…』

こんな事も思うかもしれませんが、

 

今の薬剤と技術があれば、そのような問題な改善され

・真っ直ぐなり過ぎない

・ぺしゃんこにならない

自然なストレートにできる美容師も増えています。

 

これは、

ハッキリ言って美容師の【技量】です。

 

縮毛矯正、ストレートパーマが下手な美容師の場合は、

ちょっとアレですが

上手い美容師は、本当に上手に解決し、

梅雨時期の髪の広がりやストレスを一気に改善してくれます。

 

そんな上手な美容師を極めるには

ある程度、経験年数があり…

縮毛矯正・ストレートパーマを得意とし…

そして一番大事なのは、その美容師自身が【クセ毛】という事です。

 

これは、かなり重要なポイントになってきます。

あとは、

ブログや、その美容師が発信しているヘアスタイルを見てみるのも良いです。

 

縮毛矯正や、ストレートパーマ…

梅雨時期の施術を得意としている美容師は必ずいます。

 

そして、

必ずブログやSNSなどで、梅雨時期対策の発信をしているハズです。

 

メンドクサイかもしれませんが、チェックしてみましょう。

チェックする際のポイントは、

 

カラーの上手さは関係ないという事です。

最近はカラーのアピールやコテ巻きスタイリングを推している美容師が多いですが、

今回の目的とは異なるので、

あくまで

【縮毛矯正・ストレートパーマの施術カタログ】

【梅雨時期のカットのカタログ】

を、見るようにして下さい。

 

そして最後に、

梅雨時期に関して、縮毛矯正・ストレートパーマを前向きに考えている方は

カットの上手さ

よりも

縮毛矯正の上手さ

の方が大事です。

 

もちろんカットも大事ですが、

梅雨時期に一番大事なのは

縮毛矯正かストレートパーマの上手さです。

 

これをしっかり確認してみて下さいね!

ちなみに、

縮毛矯正かストレートパーマかは

担当者に確認してみて下さい!

 

これは、あなたの髪質・クセ・求めているスタイルにより変わってきますからね!

 

縮毛矯正とストレートパーマに関しては、別記事もご覧下さい。

【ほとんどの人がかけている?】今さら聞けない『縮毛矯正』について

【パーマ落としに使うの?】意外と知らない!ストレートパーマって?

縮毛矯正とストレートパーマの違い!比較!メリット・デメリットは?

 

まとめ

・梅雨時期は、ダメージのある方は特に広がる
(ダメージが少なくても広がりやすい)

・ブラッシングする、水をつける、量を多めに梳く…は全部間違い!
(ドライヤーが使えれば効果はある)

・縮毛矯正、ストレートパーマがオススメ!
これらが上手い美容師を探し、相談してみよう!

 

という事になります。

やっぱり…縮毛矯正かストレートパーマがオススメ

という事でした。

 

最後にもう一つ、

これらをかけるメリットなんですが、

これらの施術をした場合は、通常より気持ち多めに量が梳けます。

髪が多いのが悩み…

(羨ましい悩みですが…)

なんて方には嬉しいんじゃないでしょうか?

 

ただし、あくまで【気持ち多め】ですからね!

ガンガンは梳けません。

それと、

大事なのは、施術する美容師選びですね。

 

多少難しく感じるかもしれませんが、少し頑張って探してみて下さい!

必ず『良かった!』と思ってくれるハズです。

 

また、担当の美容師が決まっている方の場合は

普段、縮毛矯正などかけなくても、梅雨時期に関しては相談だけでもしてみると良いと思います。

 

必要なければ、それでいいし、

もしかしたら、

超楽!になるかもしれません!

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

梅雨時期にあえて【パーマ】これって一体どうなの?