美容室に行く前って帽子被っていいの?帰りはダメだよね?

美容室 帽子

こんにちは!コウキです。

今回は『美容室に行く前って帽子被ってていいの?』という事についてお話していきます。

 

普段から帽子を被る人も少なくはないと思いますが、

『美容室に行く前は、跡がついちゃうし、やっぱりダメ?』

『いやいや、シャンプーするから関係ないよね?』

 

…と、地味に正解が分からないと思います。

 

むしろ逆に

『帽子、普段は被るけど美容室行く前は我慢してる』

って方もいるかもしれません。

 

今回は、そんな素朴な疑問についてお話していきますね。

それでは早速見ていきましょう。

美容室前の帽子はアリ?ナシ?

前回の記事で『普段のあなたのスタイリングの仕方が見たい』とお話しました。

 

なので、

やはり帽子なしのスタイリング方法を見た方が若干、綺麗に仕上がるかもしれません。

しかし、帽子が大好きで、

『ほぼ被っている!』という方にはあまり関係ないので、

全然気にしなくても大丈夫です。

 

また、ここまで言っておきながら、

別に帽子を被ってくるのは全然アリです。

 

一度シャンプーしますし。(笑)

あくまで、

普段のスタイリング方法を見た方が【目で理解しやすい】だけであって、特に問題はありません。

 

しかも、帽子を被るという事はスーツではありませんよね?

私服になると思いますが、前回にこんな事も言いました。

【全体像や雰囲気も見る】

帽子も当然ファッションの一部なので、帽子アリのスタイリングも見ています。

 

そして、それに合うヘアスタイルも頭で考えます。

なので、

帽子アリだろうが、ナシだろうが関係ありません。

お好きなファッション・いつも通りの恰好で来るのが一番良いと言えます。

 

しかし、帽子を被っていくのはいいけど、

『やっぱり髪を綺麗に仕上げてもらった後は、帽子を被らない方が良い?』

『その場で被ったら美容師はショックを受ける?』

 

その辺りの疑問も見ていきましょう。

 

美容室後、すぐに帽子を被ってもいい?

これも、特に問題ありません。

むしろ、それくらいで『ショック』なんか受けません。

 

しかし、

施術内容でなるべく帽子を被らないでほしい施術があります。

 

それは、縮毛矯正です。

縮毛矯正後、しばらくは帽子を被らない方が良いです。

一応、その理由と縮毛矯正については下記の記事で説明しております。

縮毛矯正の注意点【使うシャンプー・パーマやカラーにも影響する?】

 

それ以外は特に問題ありませんし、気にする必要もありません。

『せっかくなので、帽子は被りません!』

と言われても

『どうせ見えなくなったら被りそうだな。帽子を手に持って歩くのも邪魔だろうし…』

と思ってしまう美容師もいますからね。(笑)

 

その場で、潔く被った方が良い場合もあります。

 

注意点

これも前回の内容と被るのですが、

『千円カット』のようなシャンプー台がないお店は、

帽子の跡がついてしまった場合、完全に取りきるのが難しいです。

 

スプレイヤー(霧吹き)で表面のクセはある程度取りますが、

内側のクセや、潰れてしまった根本のクセは完全には治せません。

 

なので、

仕上がりに影響してきてしまいます。

 

ただでさえ、このようなお店はスピード重視なので、次の日のセットで

『ん?』

と思う箇所が見つかるかもしれません。

 

なので、少しでも綺麗に仕上がりたいのであれば、

このようなシャンプー台のない『千円カット』のお店には帽子を被らず来店した方が良いです。

 

まとめ

・帽子は被って来店しても問題はない

・帰りも特に問題はないが、縮毛矯正の時だけ注意する
(縮毛矯正をやる場合は、帽子を被らない方が良い)

・千円カットなどシャンプー台のないお店に行く場合は、極力被らない方が良い

 

という事になります。

帽子に関しては、そこまで気にする事はありませんね。

実際、数えたワケではありませんが、

10人に1~2人くらいは帽子被って来店すると思います。

 

やはり夏の方が増えるので、真夏はもっと多いですね。

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

【美容室で】美容師誰もが1番困るカットのオーダー!危険です