【縮毛矯正】と【毎日自分でアイロン】は、どっちが楽で痛まないの?

縮毛矯正と毎日自分でアイロンはどっちが楽か?

こんにちは!コウキです。

今回は『縮毛矯正と、毎日自分でアイロンをするのは、どっちの方が痛まない?楽なの?』という事についてお話していきます。

 

よく

『毎日アイロンするなら縮毛矯正をかけちゃった方が良い』とか

『自分でできるなら、縮毛矯正はかけずに、自分でアイロンをした方が痛まない』

とか、真逆の事を言いますが

 

真相はどうなのか?

どちらが正しいのか?

 

今回は、そんな疑問についてお話していきますね!

それでは早速見ていきましょう。

縮毛矯正 vs 毎日のアイロン

実はこれは、かなり難しい問題なんです。

というのも、

個人差があります。

 

目的は2つに絞れます。

1,なるべく痛まない方

2,なるべく楽な方

 

もちろん、どちらも欲しいところですよね。

 

まずは、1つずつ勝敗をつけていきます。

 

1,なるべく痛まない方

先程、個人差があると伝えましたが、

この【痛み】を考えた時に、特に個人差が出ます。

 

というのも、

美容師の技量と、自分のアイロンの技量にも左右されてしまいます。

 

・なるべくダメージのないように縮毛矯正をかける美容師

・とにかくクセを真っ直ぐに!を意識して、

高温で施術したり、何度も何度もアイロンを入れてしまう美容師

 

前者の場合は全然良いのですが、実際サロンワークを見てみると

後者のタイプの方が多い印象です。

 

時間短縮の為、高温にしたり
(190℃以上)

クセが残っているとクレームになってしまうので

必要以上にアイロンを入れたり…

 

もちろん、

高温での施術や、必要以上にアイロンを通すのは痛みます。

 

それに、過去の縮毛矯正のお話でもお伝えしていますが、

アイロン前の、いわゆる【一液】の選択が大事になってきます。

関連記事はこちら

抑えておきたい『縮毛矯正』の原理と工程

 

ここで、

お客さんの髪に合わない選択をしてしまうと、痛みやすくなってしまいます。

それに、コーム(くし)でグイグイ髪をといたり…

熱いお湯で流したり…

タオルドライをガシガシやったり…

 

このような事をやりがちなタイプの美容師は、

必要以上に髪をダメージさせてしまいます。

 

一方、自分でアイロンを通すのは

やはり高温でやったり

痛みを気にして低温でアイロンをするけど、

結局クセが伸びなくて何度も通してしまったり

 

これらの自分自身の技量も大事になってきます。

 

アイロンは、極力高温でなく、尚且つ1発で決めれるくらいがベストです。

これを自分でできるなら、縮毛矯正をかけない方が痛まないと思います。

しかし、

本当にダメージを抑えて施術できる美容師なら、そっちの方が痛みません。

 

だから、この『どっちが』というのは非常に難しいんです。

 

2,なるべく楽な方

これも技量によりますが、

美容師がミスをしなければ、縮毛矯正をかけた方が圧倒的に楽かもしれません。

 

自分でアイロンをする必要がなくなりますから。

 

縮毛矯正をかけて、自分でもアイロンする人も多いですが

それでも、

ベースが縮毛矯正がかかっているので、自分でのアイロンも楽だと思います。

 

根本はアイロンを通さずに、毛先だけクルッとする方が多い印象ですね。

このような場合も、

縮毛矯正をかけていないと、根本を伸ばして、毛先をクルッとしないといけませんから

時間もダメージも出ます。

 

なので

縮毛矯正をかけた方が楽…

 

というのが一般的な答えです。

 

痛みも少なく、楽な方

先程の2つの目的を合わせて、天秤にかけて考えてみると…

おそらく縮毛矯正をかけた方が、ダメージが少なく楽だと思います。

ただし、

これは縮毛矯正が上手い美容師の場合です!

これが絶対条件です。

 

縮毛矯正というのは、以前の記事でもお話しましたが

実は、

美容室のメニューで1~2位を争うほどのダメージが出ます。

 

関連記事はこちら

縮毛矯正のデメリット【実はダメージが大きい・失敗は許されない!】

 

とっても難しい施術なのです。

なので、

・クセは伸びても、ダメージが酷い

・そもそもクセが伸びていない…

 

これらは【ミス】ですが、

このようなミスをしている人は実は多いんです。

 

それだけ難しい施術なんです。

なので、変な話、

縮毛矯正が下手な美容師に施術されるなら

自分でアイロンをしていた方が、痛まないし、楽です。

技術が普通以上の美容師の場合は、縮毛矯正をかけた方が痛まないし、楽です。

 

この辺は、きちんと信頼のおける美容師にお願いするか、

ホームページやネット予約の際のプロフィールに

【縮毛矯正が得意】

と記載している美容師の方がいいかもしれません。

 

まぁこの【縮毛矯正が得意】

とかってプロフィールも、別に自分で言っているだけなので

本当かどうかわかりませんが、

 

得意と書いている以上は、責任を持ってちゃんとやってね。

って感じです。

 

まとめ

・縮毛矯正と、自分でアイロン…どちらが痛まないで楽かと言ったら、
個人差(美容師の技量と、あなた自信の技量)がある

・技術のある美容師の場合は、縮毛矯正をかけた方が痛まないし、圧倒的に楽

・下手な美容師に当たってしまうと、自分でアイロンをした方が、痛まないし楽

・天秤にかけて考えると、普通以上の技術の美容師であれば、縮毛矯正をかけた方が良いかも

 

という事になります。

なかなか答えの出しづらい疑問で、自分のアイロンの技量もそうですが

美容師の技量が大きいですね。

 

なので、美容師選びはしっかりと行った方が良さそうです。

 

逆に言うと、

初めての美容室で、初めての美容師で、

なおかつ低価格の縮毛矯正をされる方はミスをされやすいかもしれませんね。

 

低価格帯美容室は、薬剤も強いものしかありませんし、時間が命ですから、

とにかく【時短】で終わらせますからね。

 

慎重に選んで下さいね!

ちなみに低価格サロンの特徴はこちら

美容師が【低価格帯サロン】で客として髪を切りにいかない理由

今回、ご紹介した別記事と関連記事はこちら

抑えておきたい『縮毛矯正』の原理と工程

縮毛矯正のデメリット【実はダメージが大きい・失敗は許されない!】

縮毛矯正のメリット【とにかく楽になる・ストレスがなくなる】

縮毛矯正の注意点【使うシャンプー・パーマやカラーにも影響する?】

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

梅雨時期の髪の広がりには【縮毛矯正】【ストパー】がオススメ!