【パーマ】コテで巻いたような仕上がりが良いんだけど、かけれる?

コテで巻いたような仕上がりのパーマ

こんにちは!コウキです。

今回は『コテで巻いたような仕上がりが希望だけど、パーマでかけれる?』という事についてお話していきます。

 

『毎朝、コテを使うのがメンドウ…』

『乾かしただけでも、パーマみたいなセットができれば理想…』

と、考える方は非常に多いです。

 

今までにパーマを、あまりかけた事がない方にとっては

どのような仕上がりになるか不安ですよね?

コテで巻いたような仕上がりになるのか…?

今回は、そんな【パーマ】についてお話していきますね!

 

それでは早速見ていきましょう。

『コテで巻いたような仕上がり』は、実は曖昧!

『コテで巻いたような仕上がり』

という言葉は非常に曖昧です。

 

あなたが思う仕上がりと

美容師が思う仕上がりでは

写真や画像を見て確認しないと、認識のズレが生じてしまいます。

 

なぜなら、現状

コテを使えばどんなスタイルにもできるからです。

 

一般的に、コテで巻いたような仕上がりと言うと

いわゆる『巻き髪』を連想する方が多いですが

最近は、なにも巻き髪だけが『コテで巻いたような仕上がり』ではありません。

 

なので、きちんと

『写真』『画像』などを見せて担当の美容師に伝えると良いです。

 

パーマをかければ、どんなウェーブスタイルもできるのか?

基本的には、パーマは

・コールドパーマ(通常のパーマ)

・デジタルパーマ

が主流ですが、

あなたの髪の【ダメージ】や【コンディション】が最低限整っていれば

どんなスタイルでもできると思います。

(髪の長さや毛量によって、見え方が変わりますが…)

 

髪のダメージというのは、そのままの意味ですね。

あまりに髪が痛んでいるようだと、難しい場合があります。

 

髪のコンディションというのは、施術履歴などを指します。

例えば、

縮毛矯正をしていたり、ヘアブリーチをしている場合…

これらの場合は、希望するパーマの仕上がりにならないどころか

施術を断られる可能性が高いです。

 

しかし

『断られたくない!』と思って

施術履歴を誤魔化すのだけは絶対に止めた方がいいです。

詳しくはこちらのお話をご覧下さい

美容室での【カウンセリング】で絶対に嘘をついてはいけない理由!

 

思わぬトラブルになってしまうかもしれません。

 

どのパーマが、自分の理想通りの仕上がりになるか?

どのパーマが自分の理想通りになるか?

これは、やはり直接

髪の状態を見てみないと何とも言えません。

 

基本的なパーマについての内容は、こちらの記事でお話しております。

【不思議】パーマってなんでかかるの? 仕組みや工程・特徴について

【デジパー】デジタルパーマって何? 通常のパーマとの違いは?

通常のパーマとデジタルパーマ(デジパー)…どっちが良いの?

 

それと、自分自身だと判断はできないと思うので

予約の段階で

『どのパーマにするか迷っている』

などと、伝えておいた方がいいです。

 

ネット予約する時は、

コールドパーマかデジタルパーマかを、選択して予約しなければいけませんが

やはり、どちらが良いかわからないので

『どちらか相談して決めたい』的なことは書いておいた方がいいです。

 

美容室や美容師によっては

本来ならば『デジタルパーマの方がいい』のに

デジタルパーマの機械が1台しかないからと

無理矢理コールドパーマでかける人もいるので

しっかり『デジタルパーマにするかも』という旨を伝えておいた方がいいですね。

 

パーマをかければ、コテはいらなくなるか?

これも、一概には何とも言えません。

コテで巻きやすくする前提で、パーマをかける方もいますし

前髪だけはパーマをかけないで、毎朝自分で巻く方もいます。

 

美容師的には、

『コテがいらなくて済むようにかけたい!』

というのが理想ですが、それぞれライフスタイルや

セットのしやすさがあるので

よく話を聞いて、それに合わせたベストのスタイルにしています。

 

『結局コテを使うなら、パーマをかける意味がないんじゃ…』

と思う方もいますよね。

 

そんな方は、こちらをご覧下さい。

美容室でパーマをかけて、毎日コテで巻く…は、意味があるのか?

 

実は、メリットはあるのですね。

 

いずれにせよ

『朝、楽になる!』

と思うので、自分に合ったパーマのかけ方を選びましょう!

 

まとめ

・『コテで巻いたような仕上がり』というのは曖昧な表現だから

しっかりと希望のスタイルの写真や画像を見せた方がいい

・基本的には、どんなスタイルでもパーマでかけれる

(ただし、あなたの髪のダメージやコンディションにもよる)

・どの種類のパーマが、自分に合っているかは判断が難しいと思うので、美容師によく相談して決めた方がいい

・朝、コテがいらない仕上がりにも当然できるが

コテをしやすいスタイルにもできる

 

という事になります。

パーマは、自分にハマると本当にセットが楽になります。

今まで

『やった事がない!』

という方には、是非チャレンジしてほしいですね!

 

もちろん、普段コテを使わない方でも

やってみる価値はありますよ!

 

今回の内容の関連記事はこちらです

【カラーやパーマの料金】高い美容室の方が良い薬剤を使っているのか?

【気に入らない…】早くパーマを落とす方法ってあるの?

え?ヘアカタのパーマスタイルはほとんど『コテ』で撮影してるの?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

【ドライヤーの使い分けは効果ある?】ブローは、くるくるドライヤー?