【色々あるの知ってた?】ヘアカラーの種類とメリット・デメリット!

ヘアカラー 種類

こんにちは!コウキです。

今回は『ヘアカラー part1』としてカラーリングの種類についてお話していきます。

 

ちなみに【地毛の色の違い】についての記事はこちら

【メラニン色素】地毛の色の違いはなんで?途中で変わったりするの?

 

ヘアカラーの種類は色々あり

『種類が意外と色々あるけど、どう違うんだろう…?』

『白髪があるけど、よくわからないからオシャレ染め』

『ブリーチってみんなしてるの?』

『 えっ?オシャレ染めと白髪染めって料金違うの?』

などと、

意外と知らないカラーリングの種類。

 

今回は、そんなカラーリングの基本的な種類を見ていきましょう。

カラーリングの種類

カラーリングにも、意外と色々な種類があるのです。

 

・オシャレ染め

・白髪染め

・ヘアマニキュア

・ヘナ、香草カラー

・ブリーチ

 

とあります。

それぞれの特徴を、1つずつ見ていきましょう。

 

オシャレ染め

最も多くの方がされるであろうカラー。

一番基本になってくる。

 

メリット

髪を、明るくしたり暗くしたり幅広く使える。

色味のバリエーションも幅広く、

お客さんのダメージ具合や髪質によって、上手く調合して作るので繰り返しの施術ができる。

 

パーマや縮毛矯正に比べるとダメージが少ない。

 

デメリット

白髪は染まらない。

なので白髪が多い方だと、

オシャレ染めではなく白髪染めを勧める人がほとんど。

それと、

ビビットな色や、綺麗なハイトーンには別途『ブリーチ』が必要。

 

ヘアカタログとかで、

意外と暗く見える綺麗な色でも、一度ブリーチしている可能性も多々ある。

 

白髪染め

その名の通り、白髪をしっかり染める。

白髪の多い方や、しっかりと染めたい方はこちらのカラーになる。

 

メリット

白髪を染めたい方には一番使われるカラー。

以前までは、

あまり明るくできない印象だったが、最近は白髪染めでも結構明るくできる。

 

白髪がなくて、明るい色から

しっかりと暗い色に戻したい時は、濃い色が入るので退色してしまう期間を伸ばせる。

 

デメリット

ハイトーンにはできない。

色味も、オシャレ染めに比べると選べる幅が狭い。

オシャレ染めに比べてダメージもやや出る。

髪が固くなる。

 

ヘアマニキュア

黒髪の方や、髪色が暗い方はまずしない施術です。

 

メリット

白髪やブリーチ毛に対して、黒~ビビットな色まで色付けできる。

よく年配の方が紫とか緑とかやってるのは全部コレ。

 

髪が全く痛まない。

というか、コーティングされるので、手触りが良くなる。

 

デメリット

実は、髪を染めているわけではなく、

絵の具みたいなもので、白い髪の表面に色を付けているだけなので、

日に日に剥がれてくる。

 

シャンプー時の水の色が染めた色で流れたり、タオルや枕に色移りする可能性がある。

 

ヘナ、香草カラー

黒髪には、ほぼ反応しないので、白髪染めの役割で使われる。

 

メリット

薬草で作られたものをお湯に溶いて使うので、染みる心配はない。

『白髪染めをしたいけど染みてしまう』

という方や

『化学製品が、なるべく入ってない方が良い!』

という方にオススメ。

髪にハリ・コシを与えるし、環境にも優しい。

 

デメリット

白髪にしか反応しない。

明るさもほぼ選べず、ほとんど黒になる。

他のカラーに比べて時間を長くおく必要がある。

2007年に、事件が…

 

天然100%と謳っていたいたヘナに、なんと薬品が混入していた…。

その為、肌トラブルが続出し、クレームが大殺到。

自主回収騒動にもなりました。

 

ブリーチ

脱色・脱染剤。

とにかく明るくできる。

オシャレに全体ハイトーンから、ハイライト、インナーカラー、グラデーションカラーなどの部分でも楽しめる。

 

メリット

明るくしたい方にオススメ。

というかブリーチが必須な髪色も多々ある。

カラーデザインの幅が無限になる。

 

暗い色でも

透き通るような透明感のあるカラーもできる。

 

デメリット

ダメージは大きい。

やりたい髪色によってはブリーチが1回では足りず、2~3回する方も少なくはない。

徹底したケアが必要。

美容室で染めた色がずっと続くわけではなく、

きちんとケアしないと1週間で色が抜けてしまう事もある。

 

ブリーチ単品では髪色が少し汚い印象になってしまうので、必ずその後にオシャレ染めが必要。

→価格も当然2倍くらい上がります。

 

まとめ

・基本的にはオシャレ染め、白髪染め

・白髪を染めたいけど、どうしても染みてしまう!という方はヘアマニキュア、ヘナ、香草カラー

・カラーデザインを楽しみたい!より綺麗な色が欲しい!という方はブリーチ
(ブリーチ後にオシャレ染め)

 

という事になります。

種類が多いですよね。

意外と多いのが、

『自分のやりたい髪色がブリーチしないと厳しい!』

という事です。

 

明るさは暗くても、意外とブリーチしているケースが多いんです。

 

ブリーチとなると、価格もグッと上がるので

その辺も、きちんと美容師と相談して決めていきたいですね!

 

さて次回は、カラーリングの仕組みについてお話していきます。

次の記事はこちらです

ヘアカラーってなんで染まるの?仕組みは?【実はブリーチしてる?】

 

ブリーチについては、こちらです

【本音】美容師にブリーチを『断られた』事ありません?

【美容室でのヘアブリーチの頻度は?】根本だけ?毛先まで染める?

 

ヘアカラーの【失敗】についてはこちら

【ほぼ黒】カラーで毛先が暗くなり過ぎた!対処法は?明るくできる?

【髪色が気に入らない時の対処法】ヘアカラーを早く落とす方法は?

 

今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!