縮毛矯正のデメリット【実はダメージが大きい・失敗は許されない!】

縮毛矯正のデメリット 悩み

こんにちは!コウキです。

今回は『縮毛矯正 part4』としてデメリットをお話していきます。

 

前回は、縮毛矯正のメリットを見ていきました。

縮毛矯正のメリット【とにかく楽になる・ストレスがなくなる】

 

クセ毛の方の救世主的存在の縮毛矯正…

ですが、メリットばかりではないんです。

 

どういう事なのか、デメリットを早速見ていきましょう。

縮毛矯正のデメリット

デメリットをザックリと見ていきましょう。

 

・美容室の施術メニューの中で、1~2を争う程の髪への負担(ダメージ)がある

・縮毛矯正部分への他の施術が難しくなってくる
(パーマはデジタルパーマじゃない限りほぼ無理)

・もし失敗してしまったら、その部分を切らない限り悪影響が残り続ける

・新たに生えてくる髪の毛は当然元の髪のクセで生えてくるので、境目が気になる

 

主に、この4つがデメリットになります。

では一つずつ見ていきましょう。

 

美容室の施術メニューの中で、1~2を争う程の髪への負担(ダメージ)がある

実は、美容室の施術メニューの中で、1~2を争う程…

もしくは、最もダメージの出る施術と言っても過言ではありません

(ちなみに、もう1つはブリーチ)

 

これは、最初につける薬剤(一剤)が強力なのです。

そして

結合が切れて、髪がデリケートな状態に

これでもかとドライヤーをかけ、180℃くらいのアイロンをせかせかとやっていくのです。

 

表面上は、髪に艶もでますし、天使の輪っかみたいなのも見えてサラサラになるのですが、

髪の内部は大やけどしてます。

結合を高熱で無理やり変えていますからね。

 

なので、繰り返しの施術はやめた方がいいです。

(綺麗に伸びていれば永久的にもつのでその必要はありませんが)

 

縮毛矯正部分への他の施術が難しくなってくる

まず、通常のコールドパーマはほぼ無理です。

そしてデジタルパーマも、かかりはしますがダメージはかなり大きいです

(髪の結合的に、無理やり真っ直ぐにさせられて、落ち着いてきたと思ったら、今度はまたバラバラにさせられて、

『どっち!?』って思っちゃいます)

 

ブリーチやハイトーンカラーの施術も、ダメージはやはり大きいですし

通常のカラーもムラになりやすかったり、明るくなりにくかったり、かと思えば色が入り過ぎて暗くなっちゃったり…

と、影響が出てきます。

 

もし失敗してしまったら、その部分を切らない限り悪影響が残り続ける

『根本の髪が伸びてない!』

とかだったら再施術も可能ですが

(もちろん、そんなのも失敗ですよ)

 

『髪がチリチリしちゃった』

とか

『なんかブチブチ切れて気持ち悪い』

…っていうのは治せません

(専門用語で「ビビる」と言います)

 

これはハッキリと、切るしかないです

前髪とかだったら本当に泣きますよ。

髪を伸ばしている方も大ショックですが、

そのままだと一年以上そのままの状態、なんて事もあります。

 

もちろん、こんな事はあってはいけません。

 

新たに生えてくる髪の毛は当然元の髪のクセで生えてくるので、境目が気になる

元のクセが

『強ければ強いだけ』

気になります。

 

根本はウネウネ、毛先はサラサラ…

って、見た目的にもちょっと変ですし、

なにより自分が一番気になります。

しかも、この状態はスタイリングしにくいです。

 

こうなったら、根本だけかけ直しましょう。

(個人差はありますが、大体早くて3か月後くらいです)

 

まとめ

・美容室の施術メニューの中で1~2を争う程のダメージが出る

・今後、パーマやブリーチを考えている方は担当の美容師と応相談

・新たに生えてきた地毛との境目が気になる

 

という事になります。

失敗すると治せない、失敗する可能性がある

というのは大きなデメリットです。

 

本当に本当に後悔します。

過去に何人か失敗したお客様、失敗させた美容師を見てきました。

(あ、僕はありませんよ)

 

そうならない為に、信頼できる美容師がいればいいですが…

さて次回は縮毛矯正の気になる事をお話していきます。

縮毛矯正の気になる事【雨の日はダメ?いつシャンプーしていいの?】

 

そもそもの、原理・工程についてはこちらからご覧下さい

【ほとんどの人がかけている?】今さら聞けない『縮毛矯正』について

抑えておきたい『縮毛矯正』の原理と工程

 

今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!