【ズバリ】オシャレじゃないと美容師として通用しないのか?

美容師はオシャレじゃないとダメ?

こんにちは!コウキです。

今回は『オシャレじゃないと美容師として通用しないのか?』という事についてお話していきます。

 

嬉しい事(?)に

美容師 = おしゃれ

というイメージを持っている方も多く

実際、若い子の中には

『オシャレな美容師さんに髪をやってもらいたい!』

と考えている方もいるそうです。

 

どうしても【指名】が大事になってくるので

そのような情報も聞き逃せないのが、美容師ですよね。

 

自分(美容師)の見た目が関わってくるのなら

オシャレじゃないと美容師として通用しないのか?

その真偽について見ていきましょう。

そもそも、美容師の【おしゃれ】って?

そもそも、おしゃれとは何なのか?

美容師の髪型のこと?

それとも服装?

何となくの雰囲気?

 

これは正直、深く考えている人はいないと思います。

直感や雰囲気で

『オシャレな美容師』と判断しているのだと思います。

 

もちろん、中には

『オシャレじゃない美容師』もいます。

そうなると

『美容師なのにオシャレじゃないの?』

と思ってしまうかもしれませんね。

 

では本題の

オシャレじゃないと通用しないのか?

見ていきましょう。

 

オシャレじゃないと美容師として通用しないの?

この疑問は、かなり極論ですよね。

しかし、

『通用するか、しないか?』を考えると

『関係ない』

という答えになります。

 

凄いオシャレな美容師でも、成績が悪かったり

全然オシャレじゃない美容師が、良い成績だったり…

 

【良い成績】というのは

・指名数や指名売り上げ

または

・店販売り上げ、技術売り上げ

等が、高いという事ですね。

 

結局は

【技術】や【接客】などで、指名が取れるか取れないかが決まりますので

オシャレかどうかで

『通用するか?』

は決まりません。

 

…というのが結論ですが

オシャレな美容師の方が有利は有利です。

 

オシャレな美容師の方が指名が取りやすい?

やはり

『オシャレな美容師』

『見た目が良い美容師』

指名が取れやすいです。

 

なぜ、指名が取れやすいかというと、きちんと理由があって

『技術が上手そう』に見えるからです。

 

最初の印象も良いですし

仕上がった後も、

『オシャレな人にやってもらったから、これがオシャレ!』

と思う事もあります。

(当然、それで技術や接客が伴ってないと、裏目に出るパターンもあります)

 

オシャレな美容師は、技術も上手いのか?

という疑問に関しては、別記事で詳しくお話していますので

是非そちらもご覧になって下さい。

ファッションがオシャレな美容師ほどカットが上手いって本当?

 

また、

オシャレな方が良い【時期】というのもあります。

 

美容師をしていて、オシャレな方が良い時期

ある程度、技術も安定してきて

知識も経験もつき、指名の方も増えてきたら

それこそ、自分がオシャレかどうかは関係ありませんが

実は、オシャレな方が圧倒的に有利な時期があります。

 

それは

・アシスタント時代

・ジュニアスタイリスト時代

です。

要するに【若手】の頃ですね。

(年齢の【若さ】じゃありませんよ。

詳しくはこちら

ベテラン美容師って、歴何年以上の人のことなの?

 

この【若手】の頃は

美容師はオシャレな方がいいです。

いかに、アシスタントの頃から注目されるか…

これが、スタイリストになってからの

スタートダッシュの違いになってきます。

 

…これは、やや美容師向けの内容になってしまいますね。

また別記事でお話させて頂きます。

 

ちなみに、

ベテランの方で、指名が多く、

でも全然オシャレじゃない人。

っていると思うのですが、これは、

若手の頃はオシャレを頑張って、

だんだんベテランになってきて、余裕ができてきたら

『自分の見た目は気にしなくなる…』

なんて方もいます。

 

なので、最初から

『オシャレじゃない』

わけではないのですね。

 

まとめ

・美容師はオシャレじゃないと通用しない…は『噓』

・若手の頃は、オシャレな方が注目され、良いスタートダッシュが切れる

・オシャレな方が、最初の印象が良く、有利

・ベテランで指名がたくさんいるけど、全然オシャレじゃない美容師は、
指名が少ない頃は、オシャレを頑張っていた可能性がある

 

という事になります。

美容師は、どうしても自分の見た目に気を付けなければいけませんが

オシャレじゃないと通用しない…

というわけでもないのですね。

 

しかし、

・オシャレな人

・かっこいい人

・カワイイ人

・センスのありそうな人

に『担当してもらいたい!』

という方も多いので、美容師は気を付けなければいけませんね。

『美容師は、別にオシャレじゃなくても良い!』

と考えるのは、お客さんであって

美容師ではありませんからね。

 

今回の内容の関連記事はこちらです

【オシャレな美容室】と【美容師の技術の上手さ】は関係してるのか?

美容師で【美容】【ファッション】に興味がない人っているの?

【意外と気になる】『歴10年』って記載している美容師の年齢は?

【年齢不詳】美容師はなぜ若く見えるのか?ちゃんと理由があります。

【謎のランク】ジュニアスタイリストってよく聞くけど一体何なの?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

初めて行った美容室なのに『新規カルテ』の記入がなかった!なぜ?