美容室でも仕事中のファッションの規定ってあるの?着ちゃダメな服。

美容師 服装 規定

こんにちは!コウキです。

今回は『美容室でも仕事中にファッションの規定はあるの?』という事についてお話していきます。

 

美容師は、ほとんどが仕事中に私服です。

(制服のところもありますが)

 

【私服=自由】なイメージですよね。

ですが、

実は美容室でも完全に自由か…

と言ったら、そうでないところも多いんです。

 

中には、厳しく規定のある美容室も存在します。

一体どんな規定があって、どのような服がダメなのか…?

 

それでは早速見ていきましょう。

美容師の仕事中の服は私服?制服?

美容師の仕事中の服は

ほとんどの美容室が【私服】です。

 

中には【制服】のところもありますが、全体的に見ると少ないです。

そして

【半制服】のところもありますね。

半制服とは、その名の通り、

半分が制服、半分が私服なんです。

 

主に、シャツやTシャツ、ジャケットが、そのお店規定のもので

スタッフ全員統一したり…

 

仕事中は、

そのお店の店名とロゴ入りの服着用のところもありますね。

 

なので、お店により異なりますが

やはり私服のところがダントツで多いです。

 

ちなみに【エプロン】を着る人もいますね。

エプロンを着る人・理由についてはコチラ

美容室でたまに【エプロン】してる美容師がいるけど、アレはファッション?

 

そして、最初にお伝えした通り

私服でも規定が存在する美容室も、そこそこ多いです。

 

では、今度は私服の規定を見ていきましょう。

 

私服の規定。あの服は意外にもダメ…?

当然

『どんな服でもオッケー!』

の美容室もありますが、

一応それなりに規定があるところが多いです。

 

どんな服がダメなのか?

ザックリと見ていきます。

 

・サンダル

・帽子、サングラス

・ダメージデニム

・男性の半ズボン

 

これらの服を『ダメ!』としている美容室が多いです。

ですが、

もっと厳しい規定の美容室もあります。

 

・デニムNG

・スニーカーNG

・カジュアルアイテムは1点まで
(もしくは2点まで)

・黒ジャケットは必ず着用(私服)

 

このような厳しい規定がある所もあります。

 

少し解説してみます。

 

サンダル、帽子、サングラス、ダメージデニム、男性の半ズボン

実は、これらをNGとしている美容室は多いです。

サンダルやサングラスは、何となくわかりますが

帽子やダメージデニムは、意外で驚きですよね。

 

『THE 美容師』という感じですが、NGとしているところは多いです。

 

男性の半ズボンに関しては、

単純に【すね毛】が不快に思う人がいるから…

って理由らしいです。(笑)

 

まぁでも

『ツルツルならオッケー』ってわけでもないと思いますがね。

 

デニム、スニーカー、カジュアルアイテムの点数制限、黒ジャケットは必ず着用

これらは先程のものと比べて、少し厳しくなります。

そもそもデニムNG!

としている美容室もあります。

 

スラックスかチノパン…くらいになりますね。

 

高級志向な美容室ならともかく、

意外と高級志向でなくても、このような美容室はあります。

 

スニーカーNGは本当に厳しいと思います。

これは高級志向の美容室に多いですね。

 

このような場合は、

女性は必ず【ヒール】と規定を設けていたりします。

 

黒ジャケットの着用も規定の美容室もありますね。

しかし、

黒ジャケットは好みのもので私服でOKというところも多いです。

なので

【制服】まではいきませんが、それなりに統一感は出ますね。

 

そして最後は、

カジュアルアイテムの点数制限

ですね。

 

主にカジュアルアイテムとは

・デニム

・スニーカー

・Tシャツ

この辺りを指します。

 

これは、どういう事かと言うと

例えばカジュアルアイテムが【1点】のみとしている場合

 

・デニムを履くなら…

襟付きのシャツかジャケット着用の

靴はブーツやローファーなどのスニーカー、サンダル以外

 

・スニーカーを履くなら…

襟付きのシャツかジャケット着用の

パンツはスラックス、チノパン

 

・Tシャツのみでの仕事なら

パンツはスラックスかチノパン

靴はブーツやローファーなどのスニーカー、サンダル以外

 

という感じで、カジュアルアイテムの点数が制限されているんですね。

 

この点数の制限も

1点まで、2点まで

など、店舗により異なり

 

さらに、

スタイリストは1点まで、アシスタントは2点まで

と、ランクで決まったりもします。

 

スタイリストは必ず、黒いジャケット着用

としている美容室もあります。

 

まとめ

・美容師の仕事着は【私服】【制服】【半制服】とありますが、私服のところがほとんど

・私服でも、ある程度の規定があるところも多い

・サンダルや帽子がNGなところから、
デニム、スニーカーがNGなところまで様々

・カジュアルアイテムの点数制限を設けているところもある

 

という事になります。

私服は私服でも、意外と規定のあるところも多いんですね。

 

これは、

その地域や、オーナー・経営者の考え方によって違います。

 

『完全に何でもOK!好きな服バンバン着ちゃって!』

としているところは、意外にも一部なんですね。

 

でも、初めて行くお店で

『帽子にサングラス、ダメージの凄いTシャツに短パンでサンダルの男性美容師』

に担当されたらビックリしちゃいますよね。(笑)

 

有名な美容師ならアリですが、その辺の通常の美容師の場合は

結構アウトだと思います…。

 

記事内に出てきた【エプロン】を着て仕事をする美容師と理由についてはチラをご覧下さい。

美容室でたまに【エプロン】してる美容師がいるけど、アレはファッション?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

美容師の服は、よく見たら汚れだらけ!気にしないの?