美容師っていつ休憩してるの? 休憩時間がないって本当?

美容師 休憩 時間

こんにちは!コウキです。

今回は、お客様からちょくちょく聞かれる『美容師っていつ休憩してるの?』という事についてお話していきます。

 

イメージや噂だと『休憩時間がない』なんてのも耳にしますよね?

実際はどうなのでしょうか?

 

とゆうか

一般企業の方からすると、そんなのアリなんでしょうか?

それでは早速見ていきましょう。

労働基準法とは?

まずは【労働基準法】について見ていきましょう。

労働基準法って誰もが耳にしたこと、ありますよね?

 

この労働基準法は

主に、労働時間や休日、お給料の最低基準を定めている法律です。

もちろん

正社員・契約社員からパート・アルバイト、派遣社員まで、すべての労働者に適用されます。

 

ちなみに『労働時間』とは『勤務時間』の事です。

今回は

『休憩』がテーマなので、休憩のみに絞っていきます。

 

この事を踏まえて、見ていきましょう。

 

美容師って休憩時間あるの?

まず先程、軽くお伝えした『労働基準法』では

休憩時間についてこのようになります。

 

【労働時間が1日6時間~8時間未満の場合は45分の休憩。

8時間を超える場合は60分の休憩を与えなければいけない】

 

というように定めています。

営業時間はお店により異なりますが、

基本的に、受付前後の朝礼・終礼を省いた単純な受付時間のみを見ていったとしても

10:00~19:00受付終了

10;00~20:00受付終了

11:00~21:00受付終了

 

などと、

どこの美容室も始まりと終わりの時間はその地域などにより様々です。

 

9時から受付開始のところもあれば、12時受付開始のところもあります。

しかし、

どこも受付可能時間で見れば8時間なんて余裕で越えます。

 

ここからが本題ですが

『じゃあ1時間休憩は取れてるの?』

『1時間も休憩取ってるイメージないけど?』

と思いますよね?

 

まさにその通りです。

1時間休憩なんて夢のまた夢です。

 

良いところで『30分』じゃないでしょうか?

 

あとはスタイリスト・アシスタントにより異なってきます。

お店による違いはありますが、それぞれ見ていきます。

 

スタイリスト

基本的に、自分の手の空いている時に休憩する。

もちろん

最初から最後まで予約が入っていたら休憩はなし。

 

その場合は、

お客様のカラーの放置中とかトリートメント放置中にサッとご飯を食べたり、何かつまんだりする人がほとんど。

 

確実に『この時間は休憩時間ね』

とはできない。

 

アシスタント

アシスタントも、お店によりまちまち。

良い所で、

平日は30分休憩くれたりする。

 

その場合は、

下の立場の人間から休憩に入るパターンがほとんど。

 

『アシスタントは休憩時間なんて一切なし!』

としているお店もある。

 

という具合で、

1時間どころか30分もあるか危ういです。

ちなみに、

土日祝日や混雑期は休憩時間はないと美容師は思っています。

というか覚悟してます。

 

そして『それが当たり前』と麻痺していきます。

 

『えっ!?それって法律違反じゃないの?』

って感じですよね。

この辺はなんかグレーゾーンなんですよ。

明らかに違反していると思いますけど…(笑)

だって、営業時間に数字として出ていますからね。

 

この辺は美容師は『そういうもんだ』と諦めて誰も口には出しません。

 

貴重な休憩中のご飯は何食べてるの?

このように決まった時間が貰えないので、外食はまず無理です。

大体は、おにぎりかパンでしょう。

時間に少し余裕があればカップラーメンも人気です。

 

『休憩時間あるかなー』

と期待して持ってきたお弁当も、結局、営業後に食べる事がほとんど。

 

忙しい日は缶コーヒー一本て事もあります。

もはや休憩じゃないですよね(笑)

 

ちなみに僕のアシスタントの頃は…

ちなみになんですが

僕のアシスタントの頃は休憩は一切ありませんでした。

 

『スタイリストが仕事してんのに、アシスタントごときが休憩すんな!』

って感じのサロンだったので、暇な日でスタイリストが休憩入れて、それでも空いてたらこっちも休憩頂けました。

 

もちろん、たまにですが。

その日は、そりゃもう得した気分ですよね。

 

ただ

僕はお昼食べなきゃ無理な人間なんで、今だから言えますけど、服の中におにぎりや板チョコを一個隠して、トイレで食べていました。

もちろんゴミはポケットに入れて。

 

それしか、ご飯を食べる方法はありませんでした。

 

まとめ

・基本的に決まった休憩時間はない

・お店により異なるが、あるところで30分。外食は禁止のとこがほとんど。

・自分で少しの時間を見つけて食べる
(薬剤放置中など)

 

という事になります。

やはり休憩時間はないようなものです。

 

しかし、

近年の美容室は待遇の見直しで、休憩時間の確保や、保険関係など少しずつ良くなってきています。

 

何年か前より、確実に今の方が待遇面では良いです。

(社会保険完備の美容室の増加など。美容室は雇用保険しか入っていないところや、雇用保険すらないところがほとんど)

 

もっともっと良い待遇になり、美容師そのものの価値としての地位も上がると嬉しいです。

 

今回の内容の関連記事はこちらです

『美容師は忙しそうなイメージ…』←本当に忙しいのか?

美容室/美容師への差し入れ。これは本気で嬉しいというお話。

ズバリ、美容室はどのお店も全体的にブラック企業なのか?

美容師ってストレスはたまるの?原因と解決策とは?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

【実際の休日日数は】美容師って休みが少なそう…。連休・有給なし?