『小学生のカラーが断られた…』まだダメです。我慢しましょう。

小学生のヘアカラー まだダメ

こんにちは!コウキです。

今回は『美容室で、小学生のカラーリングの施術が断られた!』という事についてお話していきます。

 

こちらは、ご相談頂いた内容になります。

小学生のお子様のカラーリングがしたくて、美容室に行ったけど

美容師に断られてしまった…

という事ですね。

 

なぜ断られたか…

どうすればいいか…

それなら自宅で染めるべき?

などなど、説明していきますね。

きちんと理解する必要があります。

 

それでは早速見ていきましょう。

なぜ、お子様のカラーリングが断られたか?

なぜ、お子様のカラーリングが断られてしまったのか?

これは、お子様がまだ『小学生』だからです。

 

『子供だから、まだダメ!』

という、ザックリとした理由ではありません。

きちんとした理由があります。

 

それは、まだ『自身の髪質が安定していない』からです。

 

つまり、不安定な髪質なのです。

それに、

頭皮もまだ、そこまで強くありません。

 

小学生って、何かと『皮膚』が弱かったりしますよね?

これは『頭皮』も同じです。

 

『頭皮』も『皮膚』ですからね。

 

では、きちんと理由を説明していきます。

 

理由とは

小学生や、中学生になっても

【髪質】って変わりますよね?

 

例えば、

小学生の時はストレートヘアだったのに、

中学生に上がったら、クセ毛(天パ)になってしまった。

 

小学校低学年の時は、クルクルな髪だったのに

高学年になったら、ストレートヘアになった。

 

などと、髪質の変化の時期はわかりません。

 

しかし、これらの時期は

どんな子であろうと、髪質が変化する可能性があります。

 

これらは、あくまで自然な現象です。

 

この時期に、人工的に(意図的に)

まだ不安定な髪の毛に対して、外的要因であるカラーリングの薬剤を塗布すると

髪にも頭皮にも、悪影響を与えてしまいます。

 

結果、近い将来的に

・頭皮や髪が弱くなってしまったり

・髪のクセが強くなってしまったり

・白髪が出始めるのが早くなったり

・髪が薄くなったり

 

あくまで可能性で、

必ず、こうなるというワケではありませんが

いずれにせよ、良い影響は絶対ありません。

 

これらの事を考え、美容師は施術を断ったのだと思います。

仮に施術をして、もしそうなってしまったとしても

美容師は、責任を取れませんからね。

 

でも、小学生の子のカラーリングがしたい…

美容室に行って、カラーリングをお願いするくらいなのだから

小学生の内からカラーリングがしたいですよね。

 

しかし、タイトルにもある通り…

『まだダメです。我慢しましょう』

これが結論です。

 

お子様の事を考えたら、絶対に我慢した方がいいです。

先程お伝えした、髪と頭皮に関する現象が

必ずしも起こるとは限りません。

 

…が、悪影響を及ぼすのは確実です。

 

どんなに早くても、カラーリングをするのは

中学生の後半です。

小学生では、さすがに早すぎます。

 

たとえ、お子様に

『カラーしたい!』と言われても、我慢させましょう。

 

この時期に関しては、それしかありません。

 

自宅で、市販の薬で染めるのもダメ?

これも、絶対にダメです。

というか

市販の薬剤の方が、負担が強いです。

 

カラーリングも、れっきとした【薬】ですからね。

手軽に購入できるのが不思議なくらいです。

 

ちなみに、たま~に

小学生のうちから、茶髪の子もいますが

 

まず、その子は本当にカラーリングをしているのか?

 

正直、『地毛』の可能性が高いです。

小学生って、地毛がちょっと明るめの子っていますよね?

それこそ、綺麗にカラーリングをしているかのような…

 

なので、『羨ましい!』と思っても、やはり我慢です。

 

『いやいや、あの子はカラーリングしたってよ!』

と、言われてもダメです。

やっちゃう子は、カラーリングをしちゃいますが

くどいですがダメです。

 

本当にオススメしません。

 

…というか、僕が心配することではありませんが

学校の校則では、大丈夫なのでしょうか?

 

もし、大丈夫だとしても

絶対にオススメしませんからね!

 

まとめ

・小学生のうちは、『髪質』も『頭皮の状態』も、不安定なのでカラーリングで外的要因のストレスを与えてはいけない

・カラーリングを断った美容師が正解

・子供の、近い将来のことを考えるなら絶対にダメ

・『他の子がカラーしていた』としても、本当にオススメしない

 

という事になります。

このように考えて、美容師が

小学生の子の、カラーリングを断ったのですね。

 

カラーリングは、非常に良い施術ですが

もうちょっと大人になってから、するようにしましょう!

 

今回の内容の関連記事はこちらです

【本音】美容師にブリーチを『断られた』事ありません?

美容師に連絡先を聞いたら断られた…。【これって脈なし…?】

【実は違法?】美容室で『眉カラー』もできるの?

中学生の若白髪…自分で染める?美容室でカラーする?それとも放置?

【まずは無難にいく?】人生初のヘアカラー!オススメの色と明るさは?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

美容室で大量に出る『切った後の髪の毛』はどうするの?ウィッグにする?