美容室の色見本(カラーチャート)って、わかりにくくない?

カラーチャートは見にくい

こんにちは!コウキです。

今回は『美容室の色見本(カラーチャート)って、わかりにくくない?』という事についてお話していきます。

 

あなたは、美容室でカラーリングをしたことがありますか?

カウンセリングの際に、

おそらく、【色見本】を見せてもらったことがあると思います。

 

この、色見本って…

なんだか、わかりづらいですよね。

『これ、ほとんどどれも一緒に見えるけど…』

『みんなには、ちゃんと見えてるの?私だけ…?』

などと、感じたこともあるのではないでしょうか?

 

今回は、この色見本(カラーチャート)についてお話していきますね!

それでは早速見ていきましょう。

色見本とは?

美容室で、カラーリングをする方はご存知だとは思いますが

『知らない』『わからない』

という方の為に、簡単にご説明します。

 

色見本とは、

美容室で、カラーリングをする際に

『どんな明るさにするか?』

『どんな色味にするか?』

などを決める際の、

実際の染め上がりや、希望の髪色の【サンプル】が見れる台紙です。

 

イラストなどではなく、実際に染めた髪の毛がくっついています。

 

この色見本の事を、『カラーチャート』と呼んでいます。

 

これが…とにかく、わかりにくいんですよね。

 

カラーチャートは、本当にわかりにくい

今回の、サムネイル画像(1番上に表示されている画像)は

カラーチャートの一部を使用しておりますが

ほとんど、わかりにくいですよね?

 

しかし、これは

1番明るい部分の束の画像なので、比較的これでもわかりやすい方なのです。

暗めの場合の方が、もっとわかりにくいです。

 

たまに

『これって、ピンクなの?』

『全然、ベージュに見えない…』

なんて事もあると思います。

 

では、このカラーチャート

他のみなさんは、どのように感じているのか?

 

見ていきます。

 

他のお客さんは、色味とかしっかり見えているの?

安心して下さい。

他のお客さんも、きちんと見えていません。

 

明るめの色の束で、ようやく

『なんとなく』

わかる程度です。

 

それと、色の見え方は

若干、人によって違います。

 

その為、あなたと美容師でも

ズレる可能性もあります。

 

なので、カラーリングに関しても

よくカウンセリングが必要なのですね。

 

あなたの希望の色味・明るさを

カラーチャートだけに頼らず、口でもある程度説明した方がいいですね。

 

『色味は、ほんのりピンク系で、明るさは今より暗めがいい』

などと。

 

そうすれば、

『どのくらいまで暗くするか?』

『アッシュも混ぜましょう』

などと、美容師からの提案があるはずです。

 

その辺は、プロである美容師に任せて

あなたは希望を、きちんとカラーチャート(目)でも口でも説明してあげましょう。

 

カラーチャートは、正確ではない

100%、カラーチャートと同じ髪色になるかと言ったら

そうではありません。

 

カラーチャートは実際の髪の毛を使用していますが

腐らないように、コーティングしています。

 

どれもツヤっぽく見えるのは、そのためですね。

 

それと、

これもまた、難しい話になってしまいますが

純なカラーチャートの髪の毛と違って

実際の、人の髪の毛は、アンダートーンと言われる

元々の色味や、内部に隠れている色味があります。

 

それを上手く利用して希望の色味に近づけるのが

美容師の技量が試されますが

やはり、全く同じ…

というのは、なかなか難しいです。

 

というか、全く同じになったとしても

見え方が違うんですね。

…難しい問題ですが。

 

カラーチャートもそうですが

ヘアカタログや、画像なども

【修正】【光】が入っているので

そういった点も踏まえて、よく相談して色味を決めていった方がいいですね。

 

『実際は、この画像より暗く見えますか?』

『この画像の、この辺の色味が良い』

など、細かく聞いちゃってOKです。

 

まとめ

・カラーチャートは、本当にわかりにくい

・あなただけはなく、他の人もきちんと見えているわけではない

・100%、カラーチャートの髪の束と、見え方が同じにはならない

・目での確認もそうだが、口でもきちんと説明すると、より希望に近づきやすくなる

 

という事になります。

 

ちなみに、

この、わかりづらいカラーチャートを少しでもわかりやすくする方法は

【束】で見るのではなく【1本1本】見るのです。

 

手で、カラーチャートの髪の束を動かしてみると

1本1本が透けて、少しわかりやすくなります。

 

ぜひ、やってみて下さい!

 

今回の内容の関連記事はこちらです

【色々あるの知ってた?】ヘアカラーの種類とメリット・デメリット!

【ほぼ黒】カラーで毛先が暗くなり過ぎた!対処法は?明るくできる?

ヘアカラーの時に髪が【濡れた状態】【乾いた状態】で染める違いは?

本当にわかりにくい!美容室の【営業時間】と【受付時間】

美容室でのカウンセリングで、必ず確認しておくべき3つの事

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

美容師の、勉強会/講習会/セミナーに行く頻度と内容とは?