【クレーム?】美容室でカットした後に、顔に髪の毛が付いたまま帰された…。

美容室後に顔に髪がついたまま

こんにちは!コウキです。

今回は『美容室でカットした後、顔に髪の毛が付いたまま帰された…』という事についてお話していきます。

 

顔についた髪の毛を払ってくれないままお会計をされ、帰される…

実は、このような話はよく聞きます。

 

これ結構、不快ですよね。

しかし、なぜそのようなコトが起きてしまうのか?

これはクレームを言えるのか?言うべきなのか?

 

そのようなモヤモヤに対して、考えていきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

顔についた髪の毛…これは恥ずかしいし、ショック!

前髪付近をカットすると、必ずと言って良いほど

顔に髪の毛が付きますよね?

 

この髪の毛を払わないまま終わらせてしまい、そのままお店を後にする…

 

すぐ自分で、髪の毛が顔についているコトを気付く人もいますし

家に帰って鏡を見たり、その後に会う友人や家族に言われたりして

ようやく気付く…

このような場合もあります。

 

しかし、

これは本当に恥ずかしいですよね。

 

顔に髪の毛がついたまま、電車に乗っていたのか…

ショックを受けます。

 

これ『美容師が取ってくれれば、恥ずかしい思いをしなくて済んだのに!』

と感じてしまいますよね。

ショックで悲しいし、何だかムカつきますよね。

 

でもこれって、美容師気付かないの?

見ていきましょう。

 

美容師は顔に付いてる髪の毛、気付かないの?

自分で切ったくせに、美容師はお客さんの顔に付いた髪の毛に気付かないのか?

これは、かなりはハッキリ分かれます。

 

必ず、あなたの顔に付いた髪の毛を綺麗に払う人か

結構は確率で払うのを忘れてしまう人

実は両方のタイプがいるんですね。

 

もちろん!

綺麗に払わなければいけませんし、

美容師が払いきれない場合は、お客さんにティッシュペーパーやガーゼなど渡して、

直接取ってもらう…。

どちらにせよ、お店を出る際には、綺麗にしておかなければいけません。

 

…が意外にも、

顔についた髪の毛を払い忘れる美容師もいるんですね。

 

このようなタイプの美容師は、普段から顔についた髪の毛を払う習慣がないので

結構な確率で忘れてしまうのです。

 

フェイスブラシで顔についた髪の毛を払ってもらってない場合

仕方がないですが、ティッシュやガーゼを借りるなどして

自分で払うしかないですね…。

もしくは、

自分で顔についた髪の毛を払う仕草をすれば

思い出して払ってくれるかもしれません。

 

どちらにせよ、美容師の責任なんですけどね。

 

恥ずかしい思いやショックを受けた場合、クレームを言った方が良い?

これは難しい問題です。

色々なお店で、ネットの口コミを見ると

この件で、評価の悪い口コミが書かれていたりします。

 

本当に嫌で嫌で仕方がなかった場合は

直接クレームを入れたり、口コミを書いたりと…

それは自由ですが、あくまで自分の気が晴れる程度です。

 

あなたにメリットがあるわけではありません。

例えば

【次回サービスしてもらえる】

【返金】

なんてコトはまずあり得ません。

 

逆に、次回そのお店に行く際に、

ちょっと気まずさを感じてしまいます。

 

『もう絶対行かない!』

というようであれば、別に構わないと思います。

 

当然、落ち度は美容室側、担当した美容師にあるので

美容室も『申し訳ない…』という気持ちで反省し

その失敗を生かして『他のお客さんには気を付ける!』

というように、より良いお店になっていくかもしれません。

 

 

…が、あなたが

『もう行かない!』

と決めているのであれば

そのお店が、より良いお店になったとしても

あなたには関係がありませんよね。

 

なので正直、このような件でクレームを入れても

あなたに何一つメリットがないのです。

 

最悪の場合、

【クレーマー】

扱いされてしまうかもしれません。

 

まぁそれも、もう行かないのなら関係ないのですが…

『アレコレ言われてる…』

と思うと、何となく気分が悪いですよね。

 

なので、クレーム問題は難しいです。

単純に

『ムカつく!』

という場合は、全然クレーム入れても良いと思います。

 

まとめ

・顔に付いた髪の毛を払う人は必ず払うし、払い忘れる人は結構な頻度で忘れている

・払い忘れている場合、仕方がないので自分でチェックし、ティッシュやガーゼを借りて払うしかない

・本当に嫌で『もう行かない!』と考えている場合はクレームも出せる

・しかし、次回の【サービス】などはなく、
最悪の場合【クレーマー】と思われてしまうかも…

 

という事になります。

顔に付いた髪の毛…

美容師は絶対に気付くべきですよね。

 

悔しいですが

『この程度で、悪い評価の口コミを書くのはどうかな…』

とも考えてしまいます。

 

ただし、1度でも髪の毛を払い忘れる美容師は、結構な確率で忘れてしまいますので、

自分で髪の毛を払うジェスチャーや、実際に自分で払って

その美容師に気付かせるしかないですね。

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

【注意】美容室に、テキトーな服装で行くと仕上がりが雑になる?!