【意外とできてないヘアケア】たった3つの超簡単で基本的な髪のケア

ヘアケア 簡単

こんにちは!コウキです。

今回は『基本的な髪の毛のケア』についてお話していきたいと思います。

 

あなたは毎日のヘアケア…していますか?

ヘアケアというのは【たまに】ではダメです。

【毎日】して初めて

『ヘアケアしてる!』と言えます。

 

今回話す内容はたった3つです。

どれも、とっくに知ってるし

『当たり前の事じゃん!』

と思う方もいるかもしれませんが、

そんな方の為に、少しだけ深くアドバイスしたいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

たった3つの簡単な髪のケア

基本的には下記の3つが大事です。

1.毎日、髪(頭皮)を洗う。

2.アウトバストリートメントをつける。

3.ドライヤーを使う。

です。

 

はい、超基本的なコトですね。(笑)

では、

なぜこれが基本的なコトなのか?

習慣化してはいるが、なぜそうするのか?

そもそも正しいやり方なのか…?

3つ全てやっているけど

『髪の毛が全然良くならない』

『むしろ痛む一方…』

なんてコトありますよね?

これは微妙にやり方が間違っているのです。

そう微妙に

その微妙なズレが、習慣化してしまってるがゆえに、日に日に傷んでしまうのです。

それでは、少しだけ掘り下げて1つずつ見てみましょう。

 

1.毎日、髪(頭皮)を洗う。

これは、そもそも『髪を洗う』という言葉が浸透し過ぎているのですが、正しくは

【頭皮を洗う】

ですね。

もう一度言いますね、

手の指の腹で、やさしく、しっかりと洗うのは【髪】ではなく【頭皮】です。

 

髪は頭皮から生えてますよね?

綺麗で健やかな髪が生えるも、髪の毛の本数が減らずに生えてきてくれるのも

すべて頭皮からです。

つまり、まず頭皮がベースになります。

汚れやスタイリング剤、オイルによる油分等が

【毛穴のつまりの原因】になります。

これらを、しっかりと落としてあげましょう。

また

【しっかり洗う】

のと

【ゴシゴシ力を込めて洗う】

のは意味が全然違います。

 

乾燥肌、敏感肌の方の洗い方も少し変わってきますので、

ここら辺の更に詳しい内容は、こちらを参考にして下さい

なぜ毎日、髪(頭皮)を洗うのか?【正しい洗い方と間違った洗い方】

 

オススメのシャンプーはこちらです

【オーガニックシャンプーラブロ】敏感肌や赤ちゃんの全身洗いにおすすめ!

【炭酸シャンプーBESHINE】頭皮のエイジングケアと潤う髪に♪

 

もしくは…

 

とにかく洗うのは『頭皮』です。

髪の毛自体は、軽く泡立てるだけで大丈夫です。

それと、すすぎも頭皮を意識してしっかりとすすいで下さいね。

 

2.アウトバストリートメントをつける。

こちらは、お風呂を出てドライヤーで乾かす前ですね。

・オイルタイプ
・ミルクタイプ
・ミストタイプ
・クリームタイプ
・ムースタイプ

…と色々ありますが、これらの使い分けはヘアスタイルによって異なります。

 

こんな感じのやつですね

 

どれもトリートメントなので、髪の毛の保護目的だけで言ったら

どれを選んでも悪くはないのですが

その時のヘアスタイルによっては

ヘアスタイルのモチが悪くなってしまうので、正しいアウトバストリートメントを使う必要があります。

ただ、基本的にはオイルです。

そして、アウトバストリートメントの付け方も正しい付け方があります。

傷んでいる所、外的要因(紫外線やマフラー等)の影響を受けやすい所につけていきます。

頭皮や根本付近に付けるのはNGです。

(根本をフワッとさせるミストトリートメントや、頭皮用の日焼け止めスプレー等は例外です。)

正しいアウトバストリートメントのチョイスの仕方や、付け方はこちらをご覧下さい

アウトバストリートメントって何?普通のトリートメントとの違いは?

【アウトバストリートメントの種類】相性と用途によりオススメが違う

 

 

3.ドライヤーを使う。

これは、やってますよね?

 

…と言いたいところですが

髪の長い女性で、夏場なんかは

しばらく時間が経ってから乾かし始めたり、

中には

『扇風機で乾かしちゃう』

という方も珍しくはありません。

これは髪を乾かすという目的は果たせるかもしれませんが…

 

じゃあなぜ髪を乾かすのか?

今回のテーマである髪の毛の『ケア』という観点で見ると

厳密には乾かす事が目的ではないのです。

目的は『キューティクルを閉じる事』なのです。

髪の毛が乾くとキューティクルが閉じるのではなくて、ドライヤーの熱を当てる事によってキューティクルが閉じるのです。

 

あ、キューティクルというのは髪の表面を覆っている、髪の毛をダメージから守るための役割を果たしてくれています。

ただ

毛先の乾かし過ぎは一番NGです。

乾かし過ぎるくらいなら、毛先は半乾きくらいが良いです。

詳しくはこちらを参考にして下さい。

【ドライヤーの本当の目的】乾かすのではなくキューティクルを閉じる

正しいドライヤーの使い方~乾かし過ぎはNGで半乾きの方がマシ?~

 

オススメのドライヤーはこちら

【絶対!早めに使うべき】美容師オススメ!最強のヘアドライヤー5選

 

乾かす際は

『根本と前髪はしっかりと!毛先は半乾きでやめる!』

をまず意識してみて下さい。

 

まとめ

・【頭皮】をきちんと洗う。そしてしっかり【すすぐ】

・必ずアウトバストリートメントをつける

・乾かし過ぎはNG。ちょっと半乾きくらいが丁度良い

 

という事になります。

本当に基本的な内容ですね。

しかし、ポイントは

『正しいやり方で、毎日行う』

です。

とりあえずこの事を意識するだけでも、

一か月後の髪のダメージは変わってくるので、頭の片隅にでも入れておいて下さい。

 

その他関連記事はこちらです。

【コスパで選ぶ】良質でおすすめのサロンシャンプー&トリートメント5選

【パサパサ/ツヤがない/ダメージヘア】におすすめのトリートメント5選

 

最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

なぜ毎日、髪(頭皮)を洗うのか?【正しい洗い方と間違った洗い方】