美容師の転職理由は?やっぱり給料?休日?それとも…

美容師の転職理由

こんにちは!コウキです。

今回は『美容師の転職理由』についてお話していきます。

 

過去の記事でも『離職』についてお話していますが

美容師の離職率が異常に高い理由! 一体なぜ辞めてくの…?

 

今回は、それに加え

美容師は辞めないけど、他のお店に移動する理由

転職を考えてしまう理由をお話していきます。

 

やはり、給料や休日日数などが関わってきそうですよね。

それとも、他に理由があるのか?

そして果たして、改善策はあるのか…?

 

それでは早速見ていきましょう。

美容師の転職理由は…?

美容師の業界では、

勤務している美容室から、他のお店に移動することを

『転職』という人もいます。

 

美容師という職業は辞めないけれど

勤務地や勤務店を変えるということですね。

ここでも、その意味も含め『転職』と呼ばせて頂きます。

 

では、美容師の主な転職理由は…

 

・給料

・休日日数

・人間関係

・オーナーとの関係

・お客さんとのトラブル

 

主に、この5つが原因です。

上の2つは、おそらく容易に想像できますね。

 

気になるのは、下3つだと思いますが

それぞれ見ていきましょう。

 

給料や休日日数

『給料』と『休日日数』

これらは、冒頭でもご紹介した別記事

美容師の離職率が異常に高い理由! 一体なぜ辞めてくの…?

でも、お話していますので

詳しくは、こちらをご覧下さい。

 

これは、美容師という【職】を辞める理由ですが

お店を移動する理由としても挙げられます。

 

つまりは、より良い待遇を求めて

お店を移動する…

という事ですね。

 

しかし、最初から極端に変わらないのが現実です。

 

お店により、給料や待遇の伸びしろ率は違うので

今現在のサロンの、伸びしろに満足できずに

お店を転々とする美容師が多いです。

 

人間関係

これは、スタッフ同士の人間関係』のことです。

やや意外かもしれませんね。

 

美容師って、スタッフ同士みんな仲が良いイメージがありませんか?

実は、その中でも

『派閥』があったり

『個人個人』で険悪な仲な人がいたり

ある程度のイジメがあったり…

 

このような、スタッフ同士の人間関係が原因で

お店を転職する人もいます。

 

これは、なにも美容師に限った話ではありませんね。

他の業種にもあると思いますが

美容師も、こういった社内の人間関係で辞めていく人が多いのです。

 

オーナーとの関係

これも、先程の『人間関係』に分類されますが

スタッフ同士は、ものすごく仲が良くても

オーナーとの関係が悪くて、そのお店を辞めていく人も結構います。

 

美容師は特に、

『オーナーと合わない』

となったら、それが原因で辞めやすいです。

スタッフ同士の仲が良くても…です。

 

本当に、嫌われがちなオーナーさんっているんですよね…

変に理不尽だったり、

あまり頭を使っていなかったり、

1人だけ空回りしていたり…

 

そんなオーナーが嫌い過ぎて辞めていく人も多いです。

 

お客さんとのトラブル

『お客さんとのトラブル』

これも、意外とあるかもしれません。

 

直接、トラブルにならなくても

『評価の悪い口コミをネットにかかれたり』

『後日、クレームがあったり』

 

もちろん、これは

その美容師に【非】がある可能性もあります。

ですが、ショックで辞めてしまうのです。

メンタルがやられてしまう…

という事ですね。

 

こちらでもお話しています

【口コミにビビる人続出】美容師は口コミが怖い?原因で辞める人も。

 

直接だろうと、間接的だろうと

お客さん絡みのことで、精神的にやられて

お店を移動する人もいます。

 

これらの改善策はあるのか?

では、改善策はあるのか?

美容師を辞めない以上、

美容師として、しっかりと結果を残すほかないと思います。

 

やはり

・売り上げ

・指名

ですよね。

 

『オーナーと合わない』

以外は、あんがい自分の気持ち次第では

なんとかなります。

 

きちんと評価してくれるお店を選べば

『給料』や『休日』『待遇面』も、ある程度は向上します。

 

スタッフとの人間関係や

お客さんとのトラブルも

キツイですが、自分のメンタルをしっかりと持っていれば

そこまで気にならなくなります。

 

しかし、大前提として

きちんと評価してくれるお店に在籍することです。

 

これが、曖昧なお店だと

いくら自分が努力して

指名や売り上げを伸ばしても、きちんと反映されることはありません。

 

なので、お店を選ぶ際に

『詳しく歩合などを聞く事』

ここを曖昧にすると、良い待遇は待っていません。

(面接時は、良い風に言う人もいますので、そこは何とも言えませんが…)

 

あとは、自分の努力次第ですね。

ある意味、職人ですから。

何も考えずに仕事していたら、待遇に限界がきます。

『頭を使って』頑張りましょう!

 

まとめ

・美容師は、お店を移動する事も『転職』と呼ぶ人が多い

・主な転職理由は『給料』『休日日数』だが

意外と、『スタッフとの人間関係』『オーナーとの人間関係』

それに『お客さんとのトラブル』

というのも原因

・美容師は、とにかく自分の数字次第で待遇が決まる
(大前提として、きちんと評価してくれる会社にいること)

 

という事になります。

給料、休日はもちろん

・スタッフ

・オーナー

・お客さん

との人間関係をクリアしなければいけないのですね。

 

いずれかが引っ掛かり、転職…

という流れが、非常に多い業種です。

 

本当に、自分の

『やりがい』

『メンタルの強さ』

が重視されますね。

 

今回の内容の関連記事はこちらです

美容師がよく言う『やりがい』って一体何なの?どんな時に感じるの?

【なぜ?】美容師の離職率が高い中…『辞めない』『続ける』人の理由

美容師は辞めた後、何の仕事するの?どんな転職先があるの?

【年収の悩み】美容師スタイリストの給料は…?低すぎてヤバイ…。

ズバリ、美容室はどのお店も全体的にブラック企業なのか?

【実際の休日日数は】美容師って休みが少なそう…。連休・有給なし?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

育休・産休中の女性美容師は、その後その美容室に戻ってくる?