初回限定クーポンで、毎回違う美容室に行くのはアリかナシか?

美容室 初回 クーポン

こんにちは!コウキです。

今回は『初回限定クーポンで、毎回違う美容室に行くのはアリかナシか?』という事についてお話していきます。

 

色々な美容室が取り入れている【初回限定クーポン】

定価が高めの美容室でも、

初回のみ、お安く施術が受けられるのが魅力的ですよね。

 

しかし、

この初回限定クーポンを利用して、毎回違う美容室へ行く…

このような方が多くて、美容室側が困っています。

 

果たして、この初回限定クーポンを利用して、

色々な美容室へ行くのはアリなのかナシなのか?

デメリットはあるのか?

 

その辺りをお話していきますね!

それでは早速見ていきましょう。

初回限定クーポンを使って、毎回違う美容室に行くのはアリ?ナシ?失礼?

まず、結論です。

普通に【アリ】だと思います。

 

…というか、

それは別に、お客さんの勝手ですからね。

どこへ行こうが勝手です。

 

好きなところへ行けばいいです。

失礼でもありません。

 

 

 

もっと言うと、美容室側も

『定価でも良いからまた行きたい!』

と思わせるような、技術・サービス・空間が必要ですよね。

 

いや、これはどこも心掛けていると思いますが…。

れなのに、

『リピーターがつかない!』

だから問題視されているんですよね。

 

冒頭でも軽くお話しましたが、

この初回限定クーポンで毎回違う美容室へ行く方が多い為、

美容室側は困っているんです。

 

どんなに頑張っても、

そのお客さんは、その1回しか来ない…

 

毎回、新規の方を担当するのは、

単価も低いし、気疲れするし、お店の売り上げも伸びない…

 

これが正直なところなんですよね。

 

美容室がこれほど飽和していて、どのお店も初回限定クーポンを打ち出している。

 

その中で【差別化】を図るのは難しいんですよね。

 

【初回限定クーポン】使用での美容師の考え

これはハッキリと考えが分かれます。

 

・『また来てもらう為に全力で頑張る!』

・『クーポンだし、そんなに気合いが入らない…』

この2タイプに分かれます。

 

前者は、

必ず次回も来てもらおうと、とにかく全力で技術提供・接客します。

 

後者は、

『どうせ、この人も、初回限定クーポンで色々な美容室を回っているんだろ…』

と考え、手抜きします。

 

『頑張ったところで次、来なそうだし…』

 

ちなみに、

・初回限定クーポンで色々な美容室に行ってそうな方

・次回来なそうな方

というのは、なんとなくわかるんです。

 

『いや、そこを頑張って気に入ってもらって、次回に繋げようよ!』

って考えが一般的だと思いますが、

 

先程のように考える人も多いんですよね。

 

ですが、そのような方でも、次回指名で行けば

全力で頑張る

んです。(笑)

 

これが指名の力ですね。(笑)

 

初回限定クーポンで色々な美容室を回るデメリット

もちろん【安く施術を受けられる】だけではなく、

デメリットもあります。

 

こちらの記事にデメリットのみを纏めましたので、是非ご覧下さい

【結局、高くなる?】毎回違う美容室へ行く大きな『デメリット』

 

これに加えて、先程お伝えした

【手抜きする美容師】

も存在します。

 

さらには、

同じ美容師での施術が1回目よりも2回目、2回目よりも3回目…

と回数を重ねるごとの、どんどん髪質やクセ、好みやライフスタイルがわかってくるので、

より良いヘアスタイル、手入れのしやすいヘアスタイル

になる可能性が高いです。

 

ちなみのメリットの内容は

美容師を指名する事で得られる7つの大きなメリット

こちらと、

 

初めて行く美容室でも指名するメリット

【本音】初めて行く美容室で、美容師をいきなり指名するメリット!

こちらに纏めてあります。

 

自分のヘアスタイルのまとまりや、再現性、ダメージ、

その他諸々の相談に関しては、

同じ担当の人の方が良いと言えます。

 

まとめ

・初回限定クーポンで、毎回違う美容室に行くのは【アリ】

・しかし、デメリットも色々とあり、手抜きする美容師も多い

・自分のより良いヘアスタイルを求めるのであれば、なるべく同じ担当者の方が良い

 

という事になります。

『どこへ行こうが勝手でしょ!』って感じですよね。

実際そうです。

 

しかし、

現に価格競争で困っている美容室もたくさんあるので、

美容室側は、何か対策が必要と言えますね。

 

何にせよ

『また、この人に担当してもらいたい!』

と思わせるような【美容師力】の向上が必要です。

 

美容師は近年の価格競争に負けないようにしたいですね。

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

美容室の口コミは、美容師の【返信】まできちんとチェックしよう!