美容師って風邪とかで休めるの?指名が入っている場合はどうなるの?

美容師は風邪とかで休めるの?

こんにちは!コウキです。

今回は『美容師って、風邪とかで仕事を休めるの?』という事についてお話していきます。

 

美容師は、どうしても【予約】という点で

当日の欠勤は、

お客さんにも、スタッフにも迷惑がかかりそうな気がしますよね?

当然、これは他の業種でもそうですが

特に、自分(美容師)が【指名】をもらっていた時など

お客さんの都合もありますから、簡単には休めなそうです。

 

そこで、美容師は

風邪などにも関わらず、どんな場合でも休めないのか?

逆に、指名や予約が入っていなければ休めるのか?

この辺りの疑問についてお話していきます!

 

それでは早速見ていきましょう。

美容師は、当日欠勤できるの?

美容師は、当日欠勤できるのか?

これは、答えが微妙なところです。

 

もちろん、

本当に仕方がない場合(大きな病)などは

休むしかありませんが、

基本的には、当日欠勤は難しいです。

 

風邪や熱くらいでは、休めません。

…というか、休む側が無理矢理なんとか言いくるめないと

休む事ができませんし

出勤しているスタッフにグチグチ言われていると思います。

 

それを、休むスタッフも分かっているから

なおさら休みにくいんです。

 

基本的に『大きな病』『事故』以外では

『休めない』という事になっています。

 

しかし、理解のあるお店もありますので

その辺は、少しお店によって変わってきます。

 

もし休む場合、その美容師の【指名】のお客さんはどうするか?

当日、美容師が休むことになって

真っ先に迷惑がかかるのが

『事前に、指名予約が入っていたお客さん』

ですよね。

 

指名なしの方であれば、他の人が担当すればいいのですが

【指名】となると、その人目当てで来るわけですから

勝手に担当を変えるわけにはいきません。

 

当然、連絡をしなくてはいけないわけですが

この【連絡】を誰がするのか?

というのは、お店によって、かなり違います。

 

・その美容室の店長やオーナーがする場合

・店長やオーナーという決まりはなく、スタッフがする場合

・休む美容師本人が連絡しないといけない場合

 

主に、この3パターンに分かれます。

 

大きくわけると、

『出勤しているスタッフが連絡をするか』

『休む美容師本人がしなくてはいけないか』

という事ですね。

 

休むほどの病気や理由ですから…

美容師本人が連絡するなんて辛いですよね。

 

しかし、お店によっては

『自分のご指名は、どんな場合でも自分で対応する』

という決まりがあるお店もあるので

美容師本人が、いくら辛くても

連絡しないといけない場合もあります。

 

…本当にキツイですよね。

 

連絡して、どのように対応するか?

もしかしたら、あなたも経験はあるかもしれませんが

当日、指名している美容師が欠勤した場合。

この場合、さきほどお伝えした通り

連絡が来ませんでしたか?

美容師は、滅多に休めないので

このような経験をされた事がある方は少ないとは思いますが…。

 

では、どのような対応をされるか?

これは、2パターンです。

 

『予約している時間に、違う担当者で施術』

『後日改めて、指名の美容師が復活したら、予約を入れ直してもらう』

 

大体、このどちらかを聞かれます。

 

あなたの予定や都合もありますから

『せっかく、その日に予約したのに…』

と思ってしましますよね。

 

だけど、

『違う担当者だと不安…』

という事もあると思います。

 

これは、本当に迷いどころだと思います。

 

ここで

『後日改めて~』

に決めた場合、

もしかしたら、担当者に【何かしらのサービス】をされるかもしれません。

料金の何%引きか…

トリートメントメニューのサービスか…

ヘッドスパのサービスか…

 

申し訳ないという気持ちと

都合を合わせて頂いたという点で

ほとんどの場合、サービスがあります。

 

時間や都合に余裕がある場合は

信頼しているスタイリストだと思いますし

サービスもあるかもしれないので

『後日改めて~』

を、個人的にはオススメします。

 

『その日に違う担当者』と『後日改めて~』はどちらが多いか?

お客さんのスケジュールは

さすがに、1人1人違うので

無理に周りと合わせる必要はありませんが

多いのは

『その日に違う担当者』

の方が多いと思います。

 

やはり、その日に髪の毛をやるつもりでいましたし

その日しかダメな場合もありますから

違う担当者で、少し不安はあるけれど

その日にしてもらう方が多いです。

 

これには、変わりの美容師も緊張はしていると思いますが

これを機に

『この人の方が良い!』

と、なる場合もあります。

 

そしたら、遠慮なく

次回からその担当者を指名してしまって大丈夫です。

(あなた自身、

『少し、気まずいかも…』と思うかもしれません。

これについて、詳しくはこちら

【美容師の本音】同じ美容室で指名(担当)を変えるのはアリ?

 

このような理由をきっかけに

指名を変更した方も、少なくはないですね。

 

まとめ

・美容師は、やはり基本的には休めない

・休む事になり、指名のお客さんに連絡をする際
『出勤しているスタッフ』か
『休む美容師本人』が連絡をする

・対応としては
『その日に、違う担当者』か
『後日改めて、本来の担当者が担当』という事になる

・その日に違う人に担当してもらって、気に入った場合、
遠慮なく指名の変更をしても良い

 

という事になります。

やはり、美容師はそう簡単には休めません。

 

ちなみに、美容師が

『その日に【指名】が入っていない…』

という場合でも、同様に休みにくいです。

 

結局は、

【当日欠勤】に対して、美容師業界は特に厳しいです。

 

美容師は、しっかりとした体調管理が求められますね。

 

もし、このような状況になった場合

個人的には

『時間や都合に余裕があれば、残念ですが、

後日改めて』

にしてもらった方が、良いと思いますよ。

 

今回の内容の関連記事はこちらです

美容室で担当者が空いてない時、他の人を指名するのはアリ?ナシ?

同じ美容室で指名(担当)を変更したい時に気まずくならない方法

美容師は指名をもらうと、やっぱり嬉しいの?【実は…】

【美容室で】指名しない場合ってどんな人が担当するの?美容師の決まり方

【美容室で】毎回、指名しないで通うのは失礼?美容師はどう思うのか?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

美容専門学校では、どんな勉強をするの?ずっとカットとかしてるの?