美容師は、前の職場の人と仲良いの?連絡したり情報交換をしている?

美容師 情報交換 前の職場

こんにちは!コウキです。

今回は『美容師は、前の職場の人達と仲良いの?』という事についてお話していきます。

 

美容師は、他職業に比べ

どんどん違う職場に移る人が多いです。

そんな人達や、1度でもお店を変わった事がある美容師は

前の職場の人との関係はどうなのか?

 

連絡したり、

美容師としての情報交換をしたりするのか?

今回はそんな、前店のスタッフとの関係性についてお話していきますね!

 

それでは早速見ていきましょう。

そもそも1つのお店に留まらない美容師が多い

まず、美容師はずっと最初のお店で働いている…

というケースは、なかなかレアです。

 

1度や2度、もしくはそれ以上のお店を経験している人がほとんどです。

(詳しくはこちらも

美容師の離職率が異常に高い理由! 一体なぜ辞めてくの…?

こちらの記事を見て頂くとわかるように

離職率は異常です。

 

1年目から、すぐ違うお店に移動する人も多いですね。

 

では、本題です。

美容師は前の職場の人達と仲が良いのか?

見ていきましょう。

 

前の職場の人達との関係性は、美容師の辞め方にもよる

これは、まぁどの職業もそうだと思いますが

前の職場との関係性は、ほとんどの場合

その美容師の辞め方にもよります。

 

しかし、統計でみると

前の職場の人達と【連絡を取らない】

または

【仲が悪い】【絶縁】

といった方が圧倒的に多い気がします。

 

まず第一に、美容師はバックレて辞める人が多いです。

当然、

バックレなんてしたら、前の職場の人達と良好な関係がとれるなんて

あり得ないですよね。

(バックレに関してはこちらも

【異常】今日もどこかで美容師がバックレている。

 

当然、バックレの人達ばかりではありませんが

やはり連絡を取らなくなるケースが多いです。

 

それは、辞めていく美容師の気持ちにも関係はあります。

 

辞める美容師とオーナーは、基本的には関係性が終わる?

美容師が辞める際、

オーナーと揉める事はよくあります。

 

『自分が辞める旨を、お客さんに伝えていいのか?』

『自分のお客さんを、次のお店に連れて行っていいのか?』

大体が、この辺の事で揉めます。

 

オーナーからしたら、

お客さんを連れていかれては、お店の売り上げが下がりますし

もう辞めるスタッフに対して、

新規のお客さんや、指名なしのお客さんを回しても意味がない…

と考えます。

 

『どうせ辞めるし…』

そんな考えのオーナーが多い事は事実です。

 

そうした事で、辞める美容師に対しての扱いが酷くなったり

居心地を悪くしたり…

 

最初は、2ヵ月後に退社の約束をしたとしても

1ヵ月以内で辞めさせる場合も多いです。

(その事に関しては、こちらもご覧下さい

担当の美容師、なぜ突然いなくなる?これには理由があった!

 

こうした事をされて、辞める美容師は

違和感を覚えるわけです。

今までの恩など忘れて、嫌な事ばかり思い出し

ある種【恨み】みたいになって、

『もう連絡を取りたくない』

と思うようになります。

 

そうした理由からでも、連絡を取らなくなる場合もありますね。

しかし、人によっては

オーナーでなくスタッフとだけ、連絡を取るケースもありますから

人それぞれですね。

 

ちなみに、このような考えのオーナーばかりではありませんからね。

 

その美容室に入社して、すぐ辞めた場合も、当然連絡は取らない

美容室に入社して、1年以内に辞めた場合は

例え【円満退社】だとしても

やはり良い印象ではありませんね。

 

それは、オーナーはもちろんの事

周りのスタッフも良く思いません。

『せっかく仲良くなれると思ったのに』

『もう辞めるの?』

こんな風に思う美容師が多いです。

 

それは、スタイリストであろうがアシスタントであろうが

そう思います。

 

他職業の人からすると

『1年以内で辞めるのなんて、早すぎじゃない?!』

と思うかもしれませんが

美容師は、めちゃくちゃ多いです。

 

1ヵ月で辞める人

1週間で辞める人

1日で辞める人…

 

まぁ、これらの場合は、大体がバックレなので

【円満退社】はハズはありませんが…

 

それこそ、勤続年数が長くて

・独立

・結婚、出産

などの退社の場合は、円満に退社でき

連絡も取り合えると思います。

 

…が、勤続年数が長くても

単純に『他店に行く』場合の退社であれば

一切の関係が終わる可能性があります。

 

当然、人にもよりますが

美容師は、特別【退社に厳しい】のかもしれませんね。

 

まとめ

・美容師は、辞めた後に『前の職場の人達』と連絡を取り合うケースは少ない

・その理由のほとんどが、バックレによる退社や、勤続年数が1年未満の退社が多いから

・人により異なるが、オーナーとの関係はほとんどの場合が終わる

・辞めていく美容師側も『もう連絡を取りたくない』と感じる事が多いかもしれない

 

という事になります。

僕、個人の感覚だと…

美容師は、色々な意味で『辞めていく人間に厳しい』と思います。

 

連絡を取り合うというのは、

双方の気持ちがなければいけないので

・辞めた人間に連絡を取りたい気持ちがあっても、残ったスタッフは連絡を取りたくない

と考えている場合や、逆に

・残ったスタッフは、連絡を取ってもいいと考えているけど、辞めた美容師は、もう連絡を取りたくない

と考えている場合…

どちらの場合も、もう連絡を取る事はありません。

 

なので、前の職場を辞めても

連絡を取っている美容師は、結構【稀】という事になりますね。

 

今回の内容に関連のある記事はこちらです

美容師の離職率が異常に高い理由! 一体なぜ辞めてくの…?

【異常】今日もどこかで美容師がバックレている。

担当の美容師、なぜ突然いなくなる?これには理由があった!

突然いなくなった担当の美容師を、他店で見つけて指名したら迷惑?

美容師同士のトラブルってあるの?お客さんの取り合いとか奪い合い。

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

【新規】美容師は、初めてのお客さんを担当する時って緊張する?