【異常】今日もどこかで美容師がバックレている。

美容師 バックレ 

こんにちは!コウキです。

今回は『美容師バックレ率高すぎ問題』についてお話していきます。

 

美容師は、退職の際の【辞め方】として

【バックレる】人が多いんです。

他の業種でも、バックレて辞める人…いるかとは思うのですが

美容師ほど多くはないと思います。

 

美容師やってるあなたも、

実はバックレた事、あるんじゃないでしょうか?(笑)

 

なぜ美容師はバックレて辞める人が多いのか?

バックレると、その後どんな影響があるのか?

 

今回はその辺りのお話しをしていきます。

それでは早速見ていきましょう。

美容師は辞める時、ほとんどバックレ?

美容師が職場を辞める時、ほとんどバックレ…

と言っても過言はないかもしれません。

 

もちろん、

きちんと(普通に?)辞めていく人も多いですが、

バックレて辞める人だって多いです。

 

バックレの定義としては

【連絡なく出勤しないで、そのままずっと来ない】

です。

 

バックレなので、

当然【辞める】という事はオーナーや店長には言っていないです。

(同期とかには言ってる可能性もある)

 

ほとんどバックレ…と言ってしまうと酷いかもしれませんが

本当にそれくらい多いのです。

 

なので、

美容室のオーナーさんは、結構警戒していると思います。

ちなみに、美容師はそもそも離職率が高いです。

美容師の離職率が異常に高い理由! 一体なぜ辞めてくの…?

 

バックレのシチュエーション

色々なバックレシチュエーションがあります。

・面接バックレ

・面接合格後、初出勤バックレ

・通常バックレ

・休憩中バックレ

等など、いつでもどこでもバックレますね。

 

面接や、初出勤日にいきなりバックレるケースもありますし、

出勤はして、仕事中にこっそり抜けだしたり、お昼の休憩中に抜けだし、

そのまま帰ってこないで、連絡もなく退社…

というケースもあります。

 

肝が据わっていますよね。(笑)

いや、据わってないのか…

わからないです。(笑)

 

なんでバックレるの?

なんでバックレるのでしょうか…?

多分、バックレが一番【楽】だからかもしれません。

行かなきゃいいだけだし…

 

それか、

嫌過ぎて行けないケースもあります。

職場の人間関係が辛い…

仕事内容が辛い…

軽い【鬱】みたいな感じで、辞めるつもりはなくても

一度、無断欠勤したら気まずくてもう行けずに、

そのままフェードアウト…

なんて事もあります。

 

あとは、その職場を辞めたくて、オーナーなり店長なりに言っても

【辞めさせてくれない】

場合もあります。

 

このような場合に、仕方なくバックレる人もいます。

意外とこのパターンもあるかもしれません。

ごく稀にですが、

お店側が【あえて】バックレに持っていこうとさせるパターンもあります。

 

これは酷いパターンです。

辞める事を許可せず、バックレるのを待っているんです。

 

理由は、

その方がお店の負担が抑えられる事もあるからです。

要するに、そのバックレた人を悪者にさせる感覚ですね。

 

なので、あえて【バックレさせる】ように仕向けるケースもあります。

本当に酷いです。

 

そもそも【辞めれない】なんて事はありませんから、

本当に正式に辞めたい場合は、きちんと退職届を書いて出して下さい。

 

もし万が一、受け取ってもらえなかったとしても、

やり方はありますので、

諦めない方がいいです。

 

バックレのデメリット!と、その後…

 

・美容業界は意外と狭いので【バックレた】という情報が回ってしまうかも

・次の職場にもバレる可能性がある

・その地域を歩くのが気まずくなる
(怖くなる)

・バックレ癖がついてしまう

・家まで来る可能性もある

・親などの緊急連絡先に連絡されてしまう

・捜索願が出される可能性も

 

…このように、デメリットは多いです。

その後の生活や、職場にも影響する可能性があります。

それこそ、

北海道から沖縄とか、違うところに引っ越してしまえば

その辺の影響はないかもしれません。

 

しかし

【逃げ癖】

【サボり癖】

【バックレ癖】がついてしまうと思います。

 

仕方なくバックレたケース以外は、本当に自分を強くもっていないと

まともな仕事なんかできなくなります。

 

それに、オーナーによっては

『出勤中に何か事故があったり、事件に巻き込まれたのかも…』

と、本気で心配してくれる人だっています。

 

安否確認をする為、親に連絡したり、捜索願を出したりと

警察も動き出して、かなり大事に発展する可能性もありますので

やはりバックレは危険です。

 

ちなみに、

大きなメリットはありません。

バックレた日に、気持ちが楽になるくらいじゃないでしょうか?

 

まとめ

・美容師のバックレは本当に多い

・理由は様々で、単純なものから、仕方ない場合まである

・家まで来たり、親に連絡されたりは普通にあるかも

・中には、捜索願を出して警察が動くという可能性もある

・デメリットしかなく、デメリットの数はかなり多い

 

という事になります。

バックレにはデメリットしかない…

当たり前ですね。

 

職場を辞める際は、

きちんと正式に【辞めたい】という旨を伝えた方がいいです。

 

しっかり伝えても【円満退社】にはならないかもしれませんが

バックレに比べたら後味は全然悪くないです。

だって悪い事していませんしね…

 

バックレは悪い事…の部類に入るんじゃないでしょうか?

理由は人それぞれありますが、一般的には

悪者扱い

されてしまうので、本当に気を付けたいところですね!

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

当記事内でご紹介した記事はこちら

美容師の離職率が異常に高い理由! 一体なぜ辞めてくの…?

次の記事はこちらです

【衝撃】美容室で、トリートメントをつけ忘れる美容師