美容師のハサミ(シザー)はいくらするの?【気になるお値段は…】

美容師 ハサミ 値段

こんにちは!コウキです。

今回は、美容師の命でもある『ハサミ(シザー)』についてお話していきます。

 

美容師のハサミってやっぱり高いの?

何個(丁)も持ってるよね?

切れ味は?

会社で買ってもらえるの?

 

などなど、色々な疑問についてお話します。

【美容師=ハサミ】

と言っても過言ではありませんからね。

もちろん、みんな大切に扱っています。

 

それでは早速見ていきましょう。

美容師のハサミっていくらするの?

あなたは、どのくらいの金額を予想しますか?

 

何となく理由はないけど

【約1万5000円~3万円】くらい…?

と予想する方が多いんじゃないでしょうか?

 

まず初めに、

美容師のハサミの金額はピンキリです。

 

どのくらいの差があるのかというと

【1万~30万円】

このくらいピンキリです。

 

高いもので30万円…

高くないですか?

 

もっと言うと

 

1万~3万円で買えるハサミというのは、ほぼ使い捨て感覚です。

 

ハサミの中でも『激安』の部類に入ります。

 

ハサミというのは【研ぎ】に出したりするので、

この【研ぎ】というのは、当然ハサミの切る部分を削っているのです。

 

もちろん、段々先細りになっていきますよね?

 

この切る部分が元々薄くて、何度も研げなかったり

そのような意味でも、単純な【切れ味】が悪くなるのが早い

という意味でも『使い捨て』感覚なのです。

 

生涯なんて持ちませんし、

髪を切る【メカニズム】がそもそも変わってくる場合もあります。

 

メカニズムが違うと、切り落とされた部分の

髪の【切り口】が変わってきます。

 

そうなると、結果、

髪が毛先から痛みやすくなったりします。

 

それとセールなんかで、たまに【1万円以下】のハサミもありますが、

これは完全に【人】へは使えません。

人(お客様)の髪が痛みます。

 

なので

ウィッグ(練習用のマネキン)用ですね。

 

では、どのくらいの価格帯のハサミが一番多く使われているかと言うと

『4万円弱~7万円強』くらいが一番多いです。

 

『8万円~10万円強』のハサミも1丁くらい持っていると思います。

 

『11万円』を超えると、やはり『高いハサミ』という印象ですね。

 

ちなみに、

これらは何の『オーダー』もしない、純粋な『ハサミ』そのものの値段です。

 

・名前やイニシャル、店名、ロゴや

・特別な加工

・ダイヤモンド

などのオーダーをした場合は、もちろん高くなります。

 

何かしらのオーダーをした場合は、簡単に10万円は超えますね。

 

20万、30万も超える可能性があります。

 

さて、高いのはわかりましたが、これらの費用は会社負担なのか…?

 

その辺を見ていきましょう。

 

ハサミ代は誰が出すの?

会社負担?

そんなハズはありません。

全て自己負担です。

 

会社によっては、ハサミのメーカーの偉い方と仲良くしてたりするので、

そうなると『半額』くらいで買える場合もあります。

 

しかし、

もちろんそのメーカーしか安く買う事はできません。

 

とりあえず、みんな自己負担で購入します。

これはハサミでけではなく、

その他の道具全て自己負担です。

 

・ハサミを入れるケース(シザーケース)

・ダッカール

・ブラシ

・練習用マネキン(ウィッグ)

などなど、自分で使うものに関しては全て自己負担…

 

安い給料の中で、なかなか厳しいですよね。

 

ハサミはやはり、この中でも群を抜いて高いので

ローンで買う人も多いです。

 

しかもこのハサミ…

1丁だけじゃないですよね?

みんな何丁くらい持っているのでしょうか?

 

美容師は自分のハサミを何丁持っているの?

もちろん人によって変わりますが

・普通のハサミ

・梳きバサミ(セニング)

の2丁は絶対必要ですよね?

 

普段お客様に使うハサミは最低2丁必要…

といっても、

2丁しか自分のシザーケースに入っている美容師なんて見たコトないですよね?

 

大体4丁くらいはみんな入っています。

なので最低4丁ですかね。

 

このハサミの使い分けに関しては次の記事でお話させて頂きますね。

とにかく『使い分け』が必要なのです。

 

それで、

この使い分けの多い方だと6丁くらいを使い分けします。

 

なので、

普段お客様に使うのは『6丁』という事になりますね。

 

そこに、もう使わなくなったハサミや、ウィッグ用のハサミを入れると…

今までのトータルで10丁を超えるかもしれません。

 

ちなみに僕のシザーケースには5丁入れてあり、

平均8万円なので

約40万円

腰からぶら下げているコトになります。

 

いやー、大切にしないと…(汗)

 

ちなみに、美容師のハサミは研ぎたてホヤホヤだと…

『下手な包丁より切れます』

れっきとした刃物ですね。

 

まとめ

・美容師のハサミの値段はピンキリ、約1万~30万円くらいまで

・一番多く使われるハサミの値段は4万円強~7万円強くらいまで

・最低4丁くらいはみんな持っている

・全て自己負担(ローンで買う人もいる)

・研ぎたてのハサミは下手な包丁よりも切れる

 

という事になります。

やはり美容師のハサミは自己負担です。

 

この大きい出費は非常に痛いですが、

ハサミがないと仕事ができませんからね…

 

ハサミへの【こだわり】やハサミの『使い分け』など、どんどん欲が出て、買い足すケースもよくあります。

 

さて、次回はハサミの『使い分け』と『扱い』『手入れ』に関してお話していきますね!

次の記事はこちらです

美容師のハサミの使い分けはなんで?落としたら使えないって本当?

 

今回の内容の関連記事はこちらです

高いハサミを使っている美容師はカットが上手いのか?

お客さん(人)の髪と、ウィッグ(マネキン)の髪を切るハサミは別です

美容師のハサミは、毎日持って帰っているの?美容室に置きっぱなし?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!