【30代の美容師限定】継続・独立を決意したあなたへ

30代 美容師 独立

こんにちは!コウキです。

今回は前々回の続きで『【30代の美容師限定】で、美容師を【継続・独立】を決意したあなた』に向けてお話していきます。

 

前々回の記事で

『30代に入って真剣に今後の仕事(近い将来)について悩む』とお話しましたが、

美容師の継続を決意したあなたも、一度は転職も視野に入れたけど、悩みに悩んで【継続・独立】を決めたハズです。

【30代の美容師限定】継続か独立か転職…もう最後の選択ですよ!

 

では、もう迷わない為に、

美容師として腹をくくって頑張っていけるように

良い生活が送れるように

僕なりに色々と考えてみました。

 

早速見ていきましょう。

美容師を継続!

30代…

色々と将来について【不安】もあり、一度は

『美容師をどうしようか…』

悩んだはずです。

 

色々悩んで考えた結果

『やっぱり自分には他の職業は無理』

『自分には美容師しかない』

どんな理由であれ、美容師の継続を決意しました。

 

まず、この【決意の力】はかなり強いと思います。

今までは、

転職するべきかの【迷い】があったと思いますが、

その考えが美容師としての結果の邪魔をしていたハズです。

 

どこか『もう転職するし…』などの考え持ちながら仕事をしていると、

やはりお客さんにも伝わるし、創るヘアスタイルにも表れますよね。

 

そのモヤモヤがなくなっただけでも、今までより良い成績が生まれてくると思います。

 

『もうこれしかない!』

と決意した人間は強いです。

 

そして、前々回の記事でもお話しましたが、これが最後の選択です。

 

もうこの先、転職(特に一般企業)しようとしても遅いです。

 

なので、この先は迷っても

もうどうしようもないので、美容師を続けていくしかないです。

 

そこでもう1つ悩んでくるのが、やはり【独立】ですよね。

 

雇用のまま続けていくか…

業務委託・面貸しで続けていくか…

独立してしまうか…

 

ここでも迷うと思います。

では次に独立について考えていきます。

 

美容師として続けていく覚悟ができたら独立?

やはり、自分のお店を持ちたいと考えている方は多いと思います。

しかし、どこか保守的になってしまう…

 

将来の為に独立するべきか…

将来の為に独立しないべきか…

 

ちなみに独立して上手くいくのは、プレイヤーとしての技術などではないと思っています。

 

独立したら【経営能力】が一番大事だと思います。

・集客スキル、ノウハウ

・マーケティングスキル

 

今までやってきたことと、全然違います。

 

これらを絶対的に学ぶ必要があります。

そこを考えていないと、ほぼ上手くいかないと思います。

 

なので

『独立したい!』と考えているのであれば、独立前にしっかり経営を学んだ方が良いです。

 

ですが【独立】が正解ではなく

【正解はない】と思っています。

 

雇用で頑張って成績を残せば、良い給与になるハズです。

 

現に雇用でも年収1000万以上の美容師って結構いますよね?

しかしこれには条件があり、『お店』がかなり重要です。

 

自分の成績を評価してくれないオーナーは、どんな成績を残してもダメだと思います。

 

 

 

なので、【継続】を決意した方も、

【お店を変える】というのは全然アリだと思います。

 

また新たなスタートにもなりますし、

そこに今までのお客さんを連れていって、新たにバンバン指名をつければ

どんどんあっという間に評価されると思います。

 

入りたてであれば、

多少は新規・フリーのお客さんを優先して入れさせてくれると思いますしね。

 

なのでスタートダッシュが肝心ですね。

しかし、

もう転職の迷いのないあなたなら、それができるハズです。

 

しっかりとお店選びをする事が肝心です。

なにも有名店でなくとも、給与体制がしっかりしているお店もありますからね。

 

それこそ都心でなくても、余裕のある生活を送る為の年収を獲得するのは可能だと思います。

 

【雇用】で【継続】だとしても【お店選び】が大事です!

 

逆に言うと、

どれだけ結果を残しても、働いているお店選びが間違っていたら、ずっと生活は変わりません。

 

美容師仲間から情報を聞いたり

直接お店の人から話を聞いたり

エージェントを活用したり

色々な手段で、お店の給与体制を聞き、具体的なイメージを持って、

お店を変える行動に移した方が良いですね。

 

僕の考え

僕個人的な考えであれば、独立した方が良いかなと思っています。

まずは、あなた一人でも独立し、

次の目標は他の人も雇い、お店を任せられるくらいの人に育てる事。

 

店舗展開はしてもしなくても良いと思いますが、

大事なのは雇用スタッフが任せられる人になれるかどうか、出会えるかどうかです。

 

その為にはまず自分が尊敬されないといけないし、その為のお店創りも大事になってきます。

 

この辺は全部【理由】が付きまといますし、

計画し順序を踏んでクリアしていかないといけませんね。

 

…難しいですよね。

 

これも大まかに言うと【経営能力】の1つです。

なので勉強する必要がありますよね。

勉強して独立して上手くいく事。

これがベストだと個人的には考えています。

目標はあった方が良いと思いますしね。

(雇用の場合も目標は大事です!)

 

まとめ

・美容師の継続を選んだら、今まで迷っていた時期よりも良い結果が残せるはず

・もうこれが最後の選択なので、これからの転職はほぼ無理。
なので美容師として頑張っていくしかない

・雇用でも独立でも余裕のある生活を送る夢は叶う。正解はない。

・【雇用】の場合は【お店選び】が重要

・【独立】の場合は【経営能力】が必要

 

という事になります。

まずは、偉そうな発言などがあれば申し訳ありません。

それに、これは僕個人的な勝手な考えです。

 

しかし

美容師として続ける事の決意を固めた方には、本当に幸せになってもらいたいと思っています。

ここで言う『幸せ』というのは、今までの【給与面】での悩み・不安を解消する事を意味しています。

 

【お金】のストレスを少しでも解消したいですよね。

そもそも、それで転職を悩んでいたわけですからね。

 

僕もこの記事を書きながら『頑張らなきゃ!』と思っています。

頑張りましょう!

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

【美容師必須】美容室で特に多い、悪い口コミまとめ&対策