担当美容師が辞めるらしくて、引き継ぎの担当者を紹介されたけど…。

美容師で新しい担当者を紹介された

こんにちは!コウキです。

今回は『通っていた美容室で、担当の美容師が退社するらしくて、次の担当者を紹介されたけど…』という事についてお話していきます。

 

ずっと同じ担当の美容師で通っていたが、

退社の旨を知らされた…。

そんな時、その美容師から直接、

引き継ぎの美容師を紹介される。

 

お店によっては、このような事があります。

次の指名に困らなくて、良いかもしれません。

 

しかし、今回の場合は

『何となく、その担当者が嫌な場合』

どうすればいいか?

をお話していきますね!

 

それでは早速見ていきましょう。

担当者の引き継ぎシステム?

担当の美容師が

『美容師自体を辞める』

『遠くの場所へ行ってしまう』

『しばらく産休や育休に入る』

という場合、

美容師が担当しているお客さんに直接

【次回から担当する美容師】

を、紹介する場合があります。

 

これは、単純に挨拶の意味と

あなたが、他店へ行ってしまわない為、

そのような紹介をします。

 

…が、その担当者が

『また近くで美容師をやる場合』

は、このようなお知らせは、ほぼありません。

 

あなたが、その美容師に、ついて行ってしまうかもしれないからですね。

お店としては売り上げが下がります。

その辺の詳しいお話はこちら

担当の美容師、なぜ突然いなくなる?これには理由があった!

 

ついでに、引き継ぎのメリットも見ていきましょう。

 

そもそも引き継ぎのメリットはあるの?

あなたにとって、引き継ぎのメリットは

『あなたの情報が、次の担当者に渡る』

という点です。

あなたの

・髪質、髪の状態

・施術履歴

・好みのイメージ、嫌いなイメージ

などの、髪に関する事はしっかりと伝えられ

 

・あなたの仕事関係

・近況

この辺りも、軽く伝えられるかもしれません。

(嫌な方は、嫌ですよね)

 

しかし、これは

あなたに『同じ話をさせない為』だと思って

会話内容もある程度、引き継がれます。

 

担当者が変わって

『また1から』話さなければいけない状態を防ぐためですね。

 

では、

『紹介された美容師が、いまいち気に入らない』

場合、どうすればいいのか?

見ていきます。

 

紹介された美容師が気に入らない時

ここから本題ですね。

紹介されて、施術履歴などが引き継がれて楽なのは良いんだけど

その美容師がイマイチ気に入らなそう…

 

そんな時は、3つの方法があります。

1,いっそお店を変えてしまう

2,勇気を出して、違う人を指名する

3,1度その紹介された美容師に施術してもらってから判断する

 

簡単に1つずつ見ていきます。

 

いっそお店を変えてしまう

もういっそ、お店を変える…

という方法です。

実は、この手段を取る方が1番多いかもしれません。

 

なので、紹介した日から

あなたが来なくなっても、

美容師は特に気にしないので、全然大丈夫です。

 

正直、他のお店に行くのも緊張したり不安だったりしますが

意外と良い担当者が見つかるかもしれません。

 

勇気を出して、違う人を指名する

そのお店の、違う人を指名してしまう

という方法もアリです。

『少しでも話が合いそうな美容師』

『気になっていた美容師』

がいる場合は、ちょうど良いですね。

 

しかし、これは

あなたに若干の勇気がいります。

紹介されたのに、違う人を指名するわけですからね。

 

ちなみに、この場合も

美容師は慣れているので全然大丈夫です。

 

それに、違う人を指名した段階で

その引き続きの情報が、

指名予約した美容師に、さらに引き継がれるので

あなた自身も楽になります。

 

同じお店に通うわけなので、変な緊張感もありませんし

この方法はオススメです。

 

1度その紹介された美容師に施術してもらってから判断する

『なんとなく合わなそう…』

と思っても、とりあえず1度お試しで施術してもらうのも良いですね。

 

意外と話が合ったり

施術の相性が良いかもしれませんからね。

 

最初のイメージと、

施術してもらうのだと

全然違いますからね。

 

しかし、最初のイメージが

『生理的にちょっと…』

の場合は、他の人をオススメします。(笑)

女性は、このように感じることも少なくはないので

上記の2つの方法が良いと思います。

 

まとめ

・引き継の美容師は、あなたの髪質や施術履歴などの情報が引き継がれるので、同じ話をまたしなくて済む

・しかし、紹介された美容師が
『何か合わなそう…』と感じる方も多い

・そのような時は
1,お店を変える
2,違う人を指名する
3,とりあえず1度施術してもらってから考える

 

という事になります。

担当者の退社のお知らせはショックですよね。

それに、また美容師を探さなくてはいけない…

というメンドクサイ点でもあります。

 

なので、引き続きシステムはメリットではあるのですね。

参考にしてもらって、よく考えて

またお気に入りの美容師が見つかるといいですね!

 

今回の内容の関連記事はこちらです。

担当の美容師、なぜ突然いなくなる?これには理由があった!

突然いなくなった担当の美容師を、他店で見つけて指名したら迷惑?

【美容師の選び方】失敗しない為に、アレには騙されるな!

【美容室の選び方】失敗しない為に必ずチェックするべき点

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

【何歳まで現役で仕事ができる?】正直、美容師としての寿命は?