【美容室】オーダーでおまかせは困る?アリかナシか…?

美容室 オーダー おまかせ

こんにちは!コウキです。

今回は『美容室での髪のオーダーで【おまかせ】は困る?』という事についてお話していきます。

 

あなたは、完全に【おまかせ】したことはありますか?

 

もう何回も施術を担当されていて、好みなどもわかってくれているのであれば、そこまで問題はないと思いますよね。

しかし、今回の場合は、

初めて担当される美容師での【おまかせ】です。

 

意外と

『わからないから、おまかせで』

『あまりこだわらないから、おまかせで』

ってオーダーがあるんですよね。

 

このオーダーに関してズバリ、

アリかナシか…お話していきますね!

 

それでは早速見ていきましょう。

初めての担当でいきなり【おまかせ】は困る?

これは正直、その美容師によります。

しっかりとカウンセリングをするタイプの美容師であれば、問題ないと思います。

 

カウンセリングで、

長さやスタイルを、時期やライフスタイルに合わせて丁寧に提案してくれると思います。

しかし、

カウンセリングをあまりしないタイプだと、

どんどん思うようにやられてしまうので、絶対オススメしません。

 

後から

『イメージと違う』

『こんなハズじゃなかった』

と言っても、美容師からしたら

『おまかせって言ったのはあなたでしょ?』

という感じになって、トラブルになってしまいます。

 

なので【おまかせ】自体が

実は、気を付けなければいけません。

 

それと、

この【おまかせ】に関して、美容師は警戒している可能性もあります。

 

一体どういう事なのか…

見ていきましょう。

 

【おまかせ】は本当は【おまかせ】じゃない?

大体の美容師は

『どうせ、おまかせじゃないんでしょ?』

『ある程度、好みは決まっているんでしょ?』

と思っています。

 

そこで、先程お伝えした

・おまかせと言えど、好みなどしっかりとカウンセリングをしてから施術に移るタイプ

・おまかせと言われたから、どんどん施術を進めていくタイプ

に分かれてしまうんですね。

 

【おまかせ】という言葉を鵜呑みにしている美容師は後者になってしまうのですね。

 

そこでなぜ

『どうせ、おまかせじゃないんでしょ?』

と感じているかと言うと

 

美容師『じゃあ長さはバッサリと切っちゃいますか!』

あなた『…いえ、長さは肩下で残しておいて下さい』

 

美容師『では、軽く段を入れてイメージを変えますか!』

あなた『…いえ、段を入れるのは苦手なんです』

 

美容師『前髪は今、中途半端な長さなんで、切りたいですか?』

あなた『…いえ、前髪は今伸ばしています』

 

美容師『カラーはどうしますか?アッシュ系が似合いそうですし、これから暑くなってくるので、職場で大丈夫であれば少し明るくしてみますか?』

あなた『…いえ、色は普通にブラウン系でいいです。明るさも別に今くらいでいいです』

 

美容師(全然おまかせじゃなくね?)

 

↑と、こんな感じになる可能性もあるので、おまかせという言葉を基本的に信用していません。

 

これは極端な例で伝えましたが、

好みや苦手なイメージなどは少しでも伝えた方がいいかもしれません。

 

もちろん美容師の提案力なども大事になってきますが…

バッチリその方の好みを雰囲気で感じ取って、

きちんとそのスタイルにするメリットをお伝えするカウンセリング力の高い美容師も、もちろんいます。

 

最低限、美容師に伝えて欲しい事

 

・嫌いなスタイル
(苦手な長さ、形、量、色)

・残しておいてほしいところ
(前髪や全体の長さ、量、明るさ)

 

これは最低限きちんと伝えれば、美容師は色々と提案しやすいです。

それにカウンセリングがスムーズです。

 

どちらかと言うと好みのスタイルより、

嫌いなスタイルを伝えた方がいいかもしれませんね。

 

それと正直、

本当の意味で【おまかせ】というのは難しいです。

 

『前髪は今伸ばしてて、全体も整える程度、髪の量もあまりとりたくない…

色はブラウン系で、明るさはそのままで!

あっ!段もあまりいれないで下さい!

…あとは、おまかせでいいです』

 

↑これは、果たして【おまかせ】なのか…

 

難しいところですよね。(笑)

 

なので【おまかせ】は

『本当に何でもいい時』しか使わない方がいいかもしれませんね。

 

それか、一度でも担当した事ある美容師か…

 

いきなりは、やはりオススメできませんね。

 

思わぬトラブルが起こるかもしれません。

 

まとめ

・いきなりの【おまかせ】は困る美容師もいれば、
その後の提案で特に困らない美容師もいる

・しかし、いきなりの【おまかせ】は、やはりオススメできない

・本当の意味での【おまかせ】でない場合が多いので、
きちんと苦手なイメージや長さなど、最低限伝えよう

 

という事になります。

本当に『その美容師さんに任せてみよう!』

と思えるのなら、良いと思います。

 

その美容師も任されて、気合いが入りますし、

その美容師の個性も出しやすいです。

 

しかし、そうでない場合は、

やはり意思疎通が大切なので、めんどくさがらずに伝えましょうね!

 

こちらも関連記事になりますので、是非ご覧下さい!

美容室に『やりたい髪型』を決めて行かなくても大丈夫?注意点はある?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

初めて行く美容室で髪の【イメチェン】は大丈夫か?