美容室で空調(エアコン)の温度は変えられる?我慢するか言うべきか

美容室のエアコン

こんにちは!コウキです。

今回は『美容室で空調(エアコン)の温度は変えられる?我慢すべきか言うべきか?』という事についてお話していきます。

 

美容室は、一日中エアコンをガンガン回しているので

・冬→暑い

・夏→寒い

なんて事もあります。

 

そこで、エアコンが効きすぎて辛い場合は

『我慢するべきか…?』

『美容師に言って、調整してもらうべきか…?』

また、『調整してもらえるのか…?』

 

という事についてお話していきますね!

それでは早速見ていきましょう。

美容室のエアコンの温度は変えられる?

美容室のエアコンの温度は、美容師に言えば変えてもらえるのか?

これは、

・変えてもらえる場合

・変えてもらえない場合

があります。

 

温度を『変えてもらえる場合』に関しては

変更すれば、徐々に楽になっていくと思います。

 

しかし、注意点として

『変えたフリをする』美容師もいます。

 

これは、

『他のお客さんのことも考えて、1人の為に全体のエアコンの温度を調整できない』という場合と

『スタッフが温度調整できない』場合があります。

 

オーナーの指示だったり、細かいルールがあるサロンもありますね。

 

では、今度は

完全に『変えてもらえない場合』を見ていきましょう。

 

エアコン温度を変えてもらえない場合

これは、上記の場合と似ていますが

そのお店のルール的に

『1人のお客さんの為に変えられない』というルールがあるお店もあります。

 

もしくは、

『外の気温が〇℃なら、エアコンの温度は〇℃』

という風に、もう基準を決めちゃっているサロンもありますね。

 

しかし、

『暑いから(寒いから)温度のエアコンの温度の変更をお願いします』

といえば、実際に温度は変えられなくても

何か対策をしてくれます。

 

ざっくりと…

・席の移動

・(暑い場合)待ち時間にクロスを取る

・(寒い場合)ひざ掛けをくれる

・飲み物を出す

 

などですね。

では簡単に1つずつ見ていきます。

 

席の移動

他の席が空いていたら、席の移動をさせてくれるかもしれません。

『席の移動なんかで、何か変わるの?』

と、思うかもしれませんが

席を移動するだけで、だいぶ楽になるケースもあります。

 

それは、なぜか…

エアコンの影響を受けにくい席があるからです。

 

これは、飲食店などでも

ある程度はありますよね。

 

ちょっと離れているだけなのに…

テーブルを挟んで、こっちの席というだけで…

『この席めっちゃ風当たるんだけど!』

なんて事、ありますよね。

 

まさに、美容室も同じで

(さすがに、風が当たる事はないと思いますが)

エアコンの影響を【受けやすい席】【受けにくい席】とあります。

 

なので、席の移動をして

楽になるケースも実際にあります。

 

(暑い場合)待ち時間にクロスを取る

これは暑い場合の、カラーやパーマなどの【待ち時間】に限定されますが

着ているクロスを、変更してくれる場合もあります。

 

このクロスって、結構暑いんですよね。

 

・クロスを取る

・クロスを薄手のものにする

・シャンプークロスにする

 

などの対策をとってくれます。

 

【待ち時間限定】というのはネックですが…。

 

(寒い場合)ひざ掛けをくれる

これは逆に、寒い場合ですね。

 

クロスの中に、ひざ掛けをくれる場合もあります。

足元を温めると、全体が温かくなりますから

効果的です。

 

『冷えてくるかもしれない…』

のであれば、最初から

『ひざ掛け下さい』と言えば、貸してくれると思います。

 

飲み物を出す

寒い時は、暖かい飲み物を…

暑いときは、冷たい飲み物を…

 

このように、ドリンクをもらえる場合もあります。

すると、いくらかマシになりますよね。

 

あとは同時に、上記の対策をとってくれるかもしれません。

 

いやいや、我慢するべき…?

そうは言ったものの、本来は我慢するべきか…?

これは、絶対にないです。

必ず言うべきです。

 

温度によるストレスって、かなりキツいですから

ちょっとした対策でも良いので、とってもらうようにしましょう。

 

寒い場合は、風邪を引いたり

暑い場合は、体がダルくなったりします。

 

美容室で体調が悪くなった…

なんて、美容師も望んでいないので

絶対に言うべきです。

 

気遣いができる美容師は

ささいなお客さんの変化にも気付けますが

なかなか、お客さんの変化に気付けない美容師も多いです。

 

なので、自分から言うようにしましょう。

 

『言いにくい…』と感じる方もいるかもしれませんが

このように言う事自体は、全然美容師は気にしませんので

頑張って言いましょう。

 

担当の美容師でも良いですし

アシスタントでも、その辺を歩いているスタッフでも

誰でも良いです。

 

美容室の温度に対して、我慢は良くないですよ!

 

まとめ

・エアコンの温度は、『変えてくれるサロン』『お店のルール的に、変えられないサロン』がある

・変えられない場合でも
『席の移動』『ひざ掛け』『飲み物』など、何かしらの対策は考えてくれる

・我慢は絶対に良くない!相談しても迷惑にならないので、きちんと伝えましょう

 

という事になります。

 

温度のストレスって、本当に辛いですよね。

正直、美容室側も、温度の管理は難しいのが現状です。

 

・動いているスタッフ

・男性客/女性客

・席による違い

など、1人1人違いますので、

全員が、気持ち良いくらいの温度の調整が難しいです。

 

だからこそ、きちんと伝えて

1人1人、対策をしてもらう必要がありますね。

 

我慢だけは良くないですからね!

 

今回の内容の関連記事はこちらです

【店内の温度】時々、めちゃくちゃ暑い美容室があるけど何で?

【美容室で】髪が濡れたまま放置に関して、美容師はどう思ってる?

美容師が個人的に考える『良い美容室』と『悪い美容室』の違い

【絶対!早めに使うべき】美容師オススメ!最強のヘアドライヤー5選

【オーガニックシャンプーラブロ】敏感肌や赤ちゃんの全身洗いにおすすめ!

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

美容室でカットをしてもらった直後に、髪を結ぶのは失礼?