男性が女性用ワックス、女性が男性用ワックスを使うのはアリ?

異性のワックスを使うのはアリか

こんにちは!コウキです。

今回は『男性が女性用ワックス、女性が男性用ワックスを使うのはアリ?』という事についてお話していきます。

 

つまり、

『異性用のスタイリング剤を使う』

という事ですね。

 

一応、スタイリング剤は

・男性用

・女性用

と分かれていますし、実際

薬局などで購入する際は

販売しているコーナーが分けられています。

 

そこで、やはり

スタイリング剤というのは、それぞれの性別に合ったものを使用した方がいいのか?

異性用のワックスを使っても問題はないのか?

それでは早速見ていきましょう。

異性用のスタイリング剤を使用するのは、問題ない?

これは、全く問題ありません。

 

スタイリング剤というのは

その人、個人個人に合ったものを選ぶ必要がありますが

そこに『性別』は関係ありません。

 

普通に

男性が女性用ワックス

女性が男性用ワックスを使用している方も多いです。

 

性別は関係なく

ヘアスタイルによって変わってきます。

 

では、そもそもなぜ

・男性用

・女性用

に分かれているのか?

その違いも見ていきましょう。

 

男性用・女性用のスタイリング剤の違いは?

1番の違いは

『ホールド力』

つまり『硬さ』

ですね。

 

男性用ワックスの方が、

手に取った際や、髪につけた際

固まりやすくなっています。

 

女性用は、そもそも【ワックス】というタイプではなく

【ヘアクリーム】【バター】というタイプの方が多いですね。

女性用の方が、

つけ心地が柔らかいです。

 

さらには、ツヤ感も少し違います。

 

男性用ワックスは『ツヤがなくマット』なタイプが多く

女性用ヘアクリームは『ツヤがある』タイプが多いです。

 

最近は、男性もジェルやグリースなどをつけて

ツヤ感を求める方が多くなってきましたが

基本的には、このような質感の違いもあります。

 

なぜ、分けられているかというと

やはり、これに関してもシンプルに

男性の方が髪が短く

女性の方が長い

という考えからです。

 

男性は、短い髪で

しっかりと動きを出し、

質感はマットでクールに。

 

女性は、ロングヘアで

まとまりや、サラサラ感を重視。

そこに硬さはいりません。

質感はツヤっぽく上品に。

 

という、一般的な違いから

男性用・女性用

と分けられてきましたが

最近は、あまり関係ないですね。

 

スタイリング剤は、ヘアスタイルや仕上がりによって決まる

使用するワックスやクリームは

ヘアスタイルや仕上がりによって変わります。

 

例えば

こちらの男性用ワックスやジェル

 

これらは、

ロングヘアの女性には、不向きです。

しかし

ベリーショートヘアの女性なら相性は良いかもしれません。

 

しかも、これらは男性用ですが

ロングヘアの男性にも不向きです。

 

ヘアスタイルや、求めている仕上がりと違うからです。

 

逆に

これらは主に女性用です

 

これらは、ロングヘアの女性には適切ですが

ショートヘアの女性とは相性が悪いかもしれません。

さらに、ロングヘアの男性には使えます。

 

これらの事から

性別は全く関係なく

求めるヘアスタイルによって

選ぶべきスタイリング剤が違うことがわかります。

 

なので、性別は気にする事はありません。

 

まとめ

・異性用のスタイリング剤を使用しても、全く問題ない

・性別で分けられるのではなく、求めるヘアスタイルによって分ける

・そもそもは、
男性が短髪、
女性がロングヘアという方が多いので、このように分けて作られた

・基本的には、男性用ワックスは硬く、女性用ヘアクリームは柔らかい

 

という事になります。

性別は全く関係ないという事ですね。

 

むしろ

『男性用』と書かれていても

『女性の方がハマりやすい』スタイリング剤も多くあります。

 

その辺は気にせず、あなたに合ったスタイリング剤を使って下さいね!

 

今回の内容の関連記事はこちらです

美容室に行く前ってワックスつけていいの?つけない方がいいの?

美容室で仕上げにワックスつけてもらう?つけない?【美容師の本音】

髪にワックスを付けたまま寝るのは、抜け毛の原因になるって本当?

【美容室での仕上げのスタイリング】正直、自分でセットしたい…。

【注意】美容室に、テキトーな服装で行くと仕上がりが雑になる?!

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

【男のヘアケア】男性もアウトバストリートメントは必要か?