コテやストレートアイロンの温度は、何度(℃)に設定すればいいの?

コテやアイロンの温度

こんにちは!コウキです。

今回は『自分で髪を巻く場合、コテやストレートアイロンの温度は、何度(℃)に設定すればいいの?』という事についてお話していきます。

 

こちらは、ご相談頂いた内容になります。

自分でコテやストレートアイロンをされる方は、今では少なくないですよね。

しかし、

アイロンの『熱の温度』は、何度(℃)で巻いていますか?

きちんと把握をしていますでしょうか?

 

そこで今回は、一体何度でアイロンを使用すればいいのか?

どのくらいの温度であれば、髪は痛まないのか?

についてお話していきますね!

 

それでは早速見ていきましょう。

コテやストレートアイロンの温度について

コテやストレートアイロンを使用する際

温度を意識した事はありますか?

 

最近のアイロンは、ほとんどが【温度調節】できるようになっています。

美容室で使っているアイロンに関しては

間違いなく100%、温度調整が可能です。

 

そこで、あなたは何度で巻いていますか?

おそらく、幅は広いですが

120~200℃で、結構分かれると思います。

 

先にお伝えしておくと

基本は『180℃』になります。

 

基本の温度は180℃

180℃がベースになります。

ちなみに、どんな事があろうと

この温度を超えて設定するのは危険です。

 

180℃の温度を下回ることはあっても

上回ってはいけません。

まず、これをしっかりと頭に入れておいて下さい。

 

理由としては、

髪の毛は、180℃以上の熱で、一気にダメージが加速します。

(どんな温度だろうと、痛むことは痛む)

 

ギリギリ耐えられる温度が180℃なのです。

 

そして、この温度をベースに

・髪質

・髪のコンディション(ダメージ)

 

の2つにより、現状のあなたの髪の毛にあった温度が決まります。

 

ここから、

『180℃で良い場合と、それ未満の温度の方が良い場合』

『ストレートアイロン・コテ』別で見ていきます。

 

180℃で良い場合

まずは、180℃で良い場合を見ていきましょう。

 

ストレートアイロン

・根本

・髪のクセが強い(頑固なクセ)

・髪が硬い(ハリ・コシがある)

・毛先のダメージが気にならない場合

 

コテ

・髪がしっかりとストレートの方

・髪が太く、水を弾くような髪質の方

・髪にハリ・コシがある方

・ダメージがあまり気にならない方

 

これらの条件に当てはまる方は

180℃で大丈夫です。

 

というか、180℃がオススメです。

(180℃未満だと、なかなかストレートにならなかったり

カールがつかなかったりする為)

 

180℃未満の方が良い場合

次に、180℃未満の温度の方が良い場合です。

 

ストレートアイロン

・そこまでクセが強くなく、ツヤをもたす目的で使用する際

・髪が細く、ハリコシがない場合

・ハイダメージの場合

 

コテ

・髪質が柔らかい・猫っ毛の方

・髪にハリコシがない方

・緩いクセがあり、多少のカールだけ欲しい方

・ハイダメージな方

 

これらに当てはまる方は、アイロンの温度が180℃未満が良いです。

 

しかし、180℃未満といっても、わからないですよね。

180℃未満というのは

『160~140℃』の範囲で、自分にあった温度が良いです。

低くても140℃くらいですね。

 

180℃未満でアイロンを使用される方は、160~140℃がベスト

先程の、180℃未満に当てはまった方は

160~140℃で、自分に合う温度を見つけて下さい。

 

目安としては

1~2発で、希望の髪のスタイル(ストレートだったらストレート、カールだったらカール)が決まる温度が、ちょうどいいです。

 

この時、重要なのは

温度が低ければダメージが出ない…

というワケでもない。

という事です。

 

低い温度だと、それだけ髪に変化がつきにくいです。

そこで、変化がつかないからと

何度も何度も、その温度でアイロンを通してしまうと

熱の蓄積で、結局ダメージが出てしまいます。

 

なので、160℃で1~2回アイロンを通すのと

140℃で5~6回アイロンを通すのだと

160℃で使用した方が、ダメージが出ません。

 

これは、180℃でも同じ理由です。

 

そして、下の温度が『140℃』とお伝えしたのは

140℃未満だと、さらに中々髪の変化がつきにくいからです。

 

ダメージがあっても、140℃未満だと変化がつきにくいのです。

なので、

現状の髪が痛んでいて、アイロンを使用する際に

『ダメージが気になるから100℃で巻く』

と思っても、なかなかカールがつかず、何度も何度も巻くはめになります。

 

すると、余計ダメージが出ます。

 

最低な温度を140℃にしたのは、この為です。

 

160℃、150℃、140℃…

はたまた、細かく設定できるのであれば

155℃、145℃…

 

この中から、やりやすい温度を見つけてみて下さい。

 

まとめ

・基本の温度は『180℃』

それ以上は危険

・180℃の温度に当てはまらない方は『160~140℃』

・どんな温度であろうと、痛む事は痛む

何度もアイロンを通す行為が、結局ダメージに繋がるので

1~2回のスルーで決まる温度が最適

 

という事になります。

コテ、ストレートアイロンの温度って、案外気にしないですよね。

しかし、

ヘアケアの点においては、非常に意識をした方がいいです。

 

そして、『早く終わるから』という理由で

180℃を超す温度に設定するのは危険です。

 

きちんとケアをする方は、守って頂きたいですね。

 

それと、アイロンを使用する前後に、

アウトバストリートメントをつける事も大切です。

これで、おおよそのダメージから守ってくれることは間違いないです。

 

アウトバストリートメントについてはこちら

【ハイダメージの方必須!】絶対にするべきオススメの4STEPケア

【アウトバストリートメントの種類】相性と用途によりオススメが違う

 

あと、超重要なのは

品質の良いアイロンを使う事です。

こちらでご紹介していますので、是非手に取ってみて下さい。

【持っていて損はない】現役美容師オススメのストレートアイロン5選

【髪を巻く方必須】現役美容師オススメのコテ(カールアイロン)3選

 

今回の内容の関連記事はこちらです

縮毛矯正をしてても、毎日アイロンしている人はいるのか?

美容室でパーマをかけて、毎日コテで巻く…は、意味があるのか?

え?ヘアカタのパーマスタイルはほとんど『コテ』で撮影してるの?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

噓?予約ができない美容室ってあるの?【一切受け付けてない】