【美容師の謎のランク】ディレクターとは?店長より上なの?下なの?

美容師のディレクターとは

こんにちは!コウキです。

今回は『美容師の謎のランク!【ディレクター】とは…?』という事についてお話してきます。

 

ネット予約のスタイリスト詳細欄や、頂いた名刺などに

【ディレクター】って名目のスタイリストっていますよね?

 

ディレクターって、何か凄そうだけど

具体的に、どのくらいの立場の人なのかわかりませんよね?

店長より上の立場なの?下なの?

今回は、そんなお話をしていきます。(笑)

 

それでは早速見ていきましょう。

ディレクターは店長より上?下?

いきなりですが、これは

お店により違います。(笑)

 

『お店により違う』って

よく考えたら凄いですよね。

『そのランク必要ある?』

ってなっちゃいます。

 

その為、

店長より上の場合もあるし

店長より下の場合もある。

これが答えです。

 

『お店が大型店の場合』

逆に『1店舗しかない個人店の場合』

でも考えたのですが

お店の大小は関係なく、そのお店独自のルールがありますね。

 

基本的なランクを、おさらいしてみましょう。

 

美容室の基本的なランク

下の立場から見ていきます。

 

アシスタント

→スタイリスト

→店長

→代表・オーナー

 

これが基本的な型ですね。

場合によっては【店長】と【代表・オーナー】が同じ場合もありますが

このように違う場合もあります。

 

では、ディレクターの話に戻ります。

 

店長の前後に【ディレクター】が入ると思いますが

色々なパターンがあります。

 

・1店舗しかない時、お店をまとめるのは店長だけど、1番指名数が多く、経験も豊富なのがディレクター

→この場合、店長の方が立場は上

 

・何店舗かあり、他の店舗もみていて、たまにしかそのお店に来ないディレクター

→この場合、ディレクターの方が立場は上

 

・ただディレクターと名乗っているだけ

→店長の方が立場は上

 

これらを見てみるとわかる通り

外見ではわかりません。

 

しかも、ランクがこれだけなら良いのですが

他のランクもあると、さらにややこしいです。

 

そこに現れる【エグゼクティブディレクター】や【クリエイティブディレクター】

ディレクターだけならまだしも

・エグゼクティブディレクター

・クリエイティブディレクター

・トップディレクター

・アートディレクター

 

など、色々なディレクターが登場する場合もあります。

 

これらを、

それぞれの英語の意味も踏まえ、どんな役割のディレクターなのか考えてみます。

 

・エグゼクティブディレクター

【executive】

→上級管理職。経営幹部。重役。

という意味なので、おそらくかなり偉い立場です。

店長より偉い可能性が高いです。

 

・クリエイティブディレクター

【creative】

→創造的。独創的。

という意味なので、撮影とかを得意としてセンスのある美容師の可能性が高いです。

立場的には、店長の方が上な気がします。

 

・トップディレクター

【top】

→1位。首位。

なので、ディレクターの中でも、さらに偉い立場ですね。

しかし、何人もいるのはなぜ…?

 

・アートディレクター

【art】

→芸術性などを意味するので、センスのあるディレクターだと思います。

クリエイティブと似ていますね。

 

…おそらく、ランク的には

これらのランクは、通常のディレクターより上であることが多いです。

 

しかし、

しっかりと考えてランクをつけているわけではなさそうです。

 

この中では、エグゼクティブディレクターが一番立場が偉そうですが

それ以外は、本当にお店によってランクの位置づけが違いますね。

 

さらに現れる【マネージャー】【トップスタイリスト】

まだ、ありましたね。

 

・マネージャー

・エリアマネージャー

・トップスタイリスト

 

これらは、ディレクターよりも意味合い的には簡単そうです。

 

・マネージャー

→おそらく何店舗かみている。

店長より偉い可能性も。

 

・エリアマネージャー

→マネージャーと同じ意味合いで使われる事が多い。

場合によっては、マネージャーよりも下の立場。

ある近いエリアだけを見ている可能性も。

 

・トップスタイリスト

→スタイリストよりもランクは上。

これは、よく見ますよね?

指名数や経験年数が上がってくれば、トップスタイリストという立場になれる。

 

これらは、ディレクターに比べればわかりやすいですが

ディレクターと混ざると、一気に立場がわからなくなります。(笑)

 

おそらく、そのお店で1番偉い…

というか責任が回ってくるのは【店長】です。

 

しかし、全体で見ると

【エグゼクティブディレクター】【マネージャー】

が、店長よりも立場が上な可能性が非常に高いですね。

 

まとめ

・ディレクターが店長より立場が上か下かは、お店によって違う

・ディレクターにも、色々とランクがある

・それだけではなく、マネージャーやトップスタイリストなどもいる

 

という事になります。

色々とランクがあり過ぎると、どのランクが上なのかわかりませんよね。

 

正直、そこまでハッキリと境界線がなく

好きなランクを勝手に自分でつけれるサロンもあります。

 

ただ、ランクによって指名料が違う場合もありますので

そこは注意が必要ですね。

 

今回の内容の関連記事はこちらです

【謎のランク】ジュニアスタイリストってよく聞くけど一体何なの?

ベテラン美容師って、歴何年以上の人のことなの?

同じ美容室のスタイリストを、全員1回ずつ指名してみるのはアリ?

【美容師の選び方】失敗しない為に、アレには騙されるな!

【カットや、その他の技術】その美容室で一番上手い人は店長なの?

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

美容師が個人的に考える『良い美容室』と『悪い美容室』の違い