シャンプーの種類?美容師が言う【ワンシャン】【ツーシャン】って何?

美容室 ワンシャン ツーシャン

こんにちは!コウキです。

今回は『美容師の言う【ワンシャン】【ツーシャン】って何?』という事についてお話していきます。

 

あなたは、ワンシャンとかツーシャンって聞いた事ありますか?

スタイリストがアシスタントに、シャンプーを頼むときとかに

『ワンシャンで!』

『ツーシャンで!』

とか言っていますが、これは一体何なのか?

 

この意味のわからない専門用語についてお話していきますね!

それでは早速見ていきましょう。

ワンシャン・ツーシャンとは?

これは

・ワン(ONE)シャンプー

・ツー(TWO)シャンプー

の事で、1シャン、2シャンとなり、

 

つまり、

1度のシャンプーで

1回洗うか、2回洗うか

という違いがあります。

 

1シャンは1回

2シャンは2回ですね。

 

え?じゃあ、2シャンの方が得なの?

1シャンは損してるの?省かれているの?

 

と思うかもしれませんが、そうではないのです。

違いを見ていきましょう。

 

1シャン・2シャンの使い分け

基本的に、カットのみは2シャンになり

その他の薬剤施術がある場合は1シャンになります。

 

2シャンは

1回目は泡立てて軽くシャンプー

一度、泡を流して

2回目はしっかりシャンプー

という風に2回泡立てます。

 

これは、1度目は泡立ちが悪かったりするので、

最初は汚れを落として、2回目に気持ち良くシャンプー

みたいな感覚です。

(ちなみに2シャンでも、1度のシャンプーでしっかり泡立てて、念入りに洗う人もいます)

 

これに対して、

1シャンは、軽く汚れを落とす程度です。

最初にお話した通り、

薬剤施術がある場合は基本的に1シャンになります。

これは、

シャンプーし過ぎたり、油分を必要以上にとってしまうと

薬剤が染みやすくなってしまうからです。

2シャンをしてしまうと、薬剤トラブルが起きる可能性が上がります。

なので薬剤施術がある場合は、

基本的には1シャンか、むしろシャンプーをしない場合もあります。

 

例えば

カラーリングの場合、薬剤を落とす為にしっかりと

カラー後にシャンプーをしますが、

カラー前には、なるべくしない…

と決めている人もいます。

 

カットでも泡立ててシャンプーするのが1度だった…。これは1シャンだったの?

カットの場合でも、

1度の泡立てでしっかり洗う場合もあります。

 

通常の1シャンとは違って、しっかり洗う1シャンになるので

これは2シャンの部類に入ります。

…ややこしいですけどね。(笑)

 

なので決して、手抜きをされているワケではありませんからね!

 

【1シャン】【2シャン】という言葉を、お客さんに使う意味わからない美容師

これは美容師内で、伝達し合えばいいのであって

お客さんに使うべきではないと思います。

だって、

美容師からしたら当たり前の用語でも、お客さんは絶対わかりませんからね。

 

美容師『1シャンしていきますね~』

客『はい、お願いします。(……ワンシャン??)』

って感じです。

 

そこは普通に

『シャンプーします』

とか

『カラー前で、染みるといけないので、軽くシャンプーして、カラー後にしっかりシャンプーします』

とかで良くないですか?

 

普通に、お客さんに1シャンとか2シャンとか使う人いますけど

マジでやめた方がいいです。

 

美容師に向けての内容でした。

 

まとめ

・1度のシャンプーで、1回軽く洗うのが1シャン。
そこから一度泡を流して、2回目にしっかり洗うのが2シャン。

・薬剤施術前は2シャンは絶対しない。
(頭皮トラブルが起きる可能性が上がるから)

・薬剤施術前は、シャンプーをしないか、しても1シャン。

・美容師は、お客さんに【1シャン】【2シャン】という言葉を使わない方がいい
(お客さんはそんな言葉知らないし、関係ないから)

 

という事になります。

意外と『1シャンします』『2シャンします』

と、美容師に言われた事あるんじゃないでしょうか?

 

シンプルに、シャンプーを1回するか2回するかの違いだったんですが、

それぞれちゃんと意味があるんですよね。

 

それにしても、専門用語で言われても困りますよね。(笑)

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

前髪カットのみで美容室に行く人っているの?料金や時間は?