【理由あり】美容師はなぜあんなに話しかけてくるのか?

美容師 会話 理由

こんにちは!コウキです。

今回は『美容師は、なぜあんなに話しかけてくるのか?』という事についてお話していきます。

 

おそらく大半の方は、

一度は美容師にめちゃくちゃ話かけられた経験があるハズ。

もし、あなたが話したくなくても、結構な確率で話かけてきますよね?

 

ではなぜ、あんなに話かけてくるのか?

ただ単にお喋りなのか?

接客だから?

 

実は、これには理由があるケースもあるのです。

今回はそれについてお話していきますね!

 

それでは早速見ていきましょう。

美容師はなぜ話かけてくるのか?

あなたも一度は、めちゃくちゃ喋る美容師に当たった事があるハズ。

当然、全然喋らない美容師もいますよね?

 

『人見知りなのかな?』

と思うくらい無言な美容師もいます。

 

 

 

まず、美容師には色々なタイプがいます。

・誰とでも会話するタイプ

・全く会話しないタイプ

・最低限しか会話しないタイプ

・自分の指名しか会話しないタイプ

 

大まかに分けると、こんな感じですが、

一概に、

どんなタイプかハッキリ分かれるワケではありません。

 

これは、もちろん

【美容師本人の元々の性格】

・アシスタントの頃に育った環境

・スタイリストになった後の考え方

がミックスされて、何となくタイプが分かれます。

 

これは、

『お客さんとは、とにかく会話しろ!』

『男性美容師は、あまりお喋りになるな!』

というような、その美容師がアシスタントの頃に

教えてもらっていた先輩の教育だったり、

実際、先輩たちの接客を見て、そのように育っていく場合が多いです。

 

それで、スタイリストになった後は、

その教育されたベースと自分の考えを合わせて

接客の仕方が変わってきます。

 

もちろん、

【接客】ですから、どんなお客さんにも最低限の声掛けは必ず必要です。

 

一番難しいのは、

【お喋り】と【会話】を履き違えている人が多い事ですね。

 

ハッキリ言うと、【お喋り】には意味はありません。

 

『今日お休みですか~?』

などですね。

 

大体、新規のお客さんにコレ言う人多いです。

これは別に意味はないです。

 

ただ単に、

『接客しなきゃ!』と思って

【接客した気】になっているだけです。

 

しかし、常連のお客さんで、

いつも土日に来るのに、平日に来て

『今日お休みなんですか?平日来るの珍しいですね』

みたいな会話は、コミュニケーションなので意味はあります。

 

では、

長くなってしまいましたが、ここから本題です。

 

『なぜ、あんなに話かけてくるのか?』

の理由が、きちんとあるケースについて見ていきましょう。

 

『話かける』のには意味がある?

これは、きちんと意味がある場合もあります。

それは、

会話を通して、その人の

【バックグラウンド】

【ライフスタイル】

を考えて施術がしたいからです。

 

これは、そのお客さんが普段

・常に髪を縛っている

・あまりスタイリングしない

・いつも帽子

・ブローしない

・コテやアイロンを使う

・仕事中は髪を纏める

・これから、しばらく忙しくなるから来れなそう

・就活が始まって、いつ頃終わりそう

 

…などなど、これはほんの一部ですが、

このような、その人の日常を知る為に会話をしている人もいます。

 

 

 

しかも、ただ会話で引き出すんじゃなくて、

ある程度、自分の中で

『~かな?』

と予測を立てて、会話の中でライフスタイル的なものを引き出します。

 

なので、

その日常・イベントにピッタリな髪型に仕上がる可能性が高くなるというワケです。

 

・普段、忙しくて自分の髪に気を遣えていない

・これから出産がある、子供がまだ小さくていつも髪をまとめている

・どんな長さであろうが、アイロンは必ず使いたい

 

会話をする事で、

このような、お客さんの考えている事に寄り添って施術をしている

という事なんですね。

 

あとは、

【適度な会話で、お客さんの緊張感をほぐす】

という効果もあります。

 

…これも、きちんとした会話でないといけませんがね。

 

『無駄に話かけられて、余計緊張する!』

『無言になった時が気まずい!』

などと考える方もいるので、

美容師もきちんと見抜いて、合わせた会話をする必要もありますね。

 

美容師の会話術が上手かったら、このような事を考えないハズです。

なので、きちんと意味があるケースもありますよ!

 

まとめ

・美容師の接客のタイプは色々ある

・【お喋り】と【会話】は違く、履き違えている美容師も多い

・【会話】にはきちんと意味があり、そのお客さんの『バックグラウンド』や『ライフスタイル』に寄り添って施術している

・会話で、お客さんの緊張感をほぐしている

 

という事になります。

美容師の会話には、きちんと意味がある場合も多いのですね!

 

ただ単に、

お喋りするタイプの美容師もいますが、そうでない美容師もいますからね!

 

その人のライフスタイルを知っていると、仕上がりの髪型も、

かなり理想に近いものになったり、

一気に楽になったりするので、

会話から何か掴めると美容師も嬉しいです!

 

それに、あなたからしても損はありません。

そこから、仲良くなったりも多いですしね!

 

では今回も最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!!

次の記事はこちらです

美容室に行く前に、自分で髪を洗っていった方がいいの?